« GBBレポ@高崎音楽祭(2017) 2日目 | トップページ | GOSMANIAファンの集い2018レポ@ZeppTokyo »

2018年2月26日 (月)

ゴスペラーズコンサート2018 in Naeba 2日目レポ

実に9年ぶりにこの地に帰ってくることができました。

 
Img_7892
 
。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚
 
   聖地、苗場プリンスホテル!!
 
     。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚
 
しかも今年は苗場公演20周年!初のリクエストライヴ!!そして公演日は陽ちゃんの誕生日!!!特別な何かが起こる予感しかしない…
 
とか思ったら想像以上のサプライズが起こったというね…!
 
(ナタリーさんの記事 にもなってましたが。※セット・衣装写真あり)
 
 
 
スペシャルな公演に参加できて本当に感無量です。゚(゚´ω`゚)゚。ステージ下手の端っこ側だったのですが3列目でメンバーを間近に見れて幸せでした…
 
忘れないうちにレポらねばと思い、今日は有給を取ってレポ作成時間に充てました。
明日のライヴビューイングも行くので記憶が混ざらないうちに。
 
レポは相当なネタバレを含みます。明日のライビュに参加される方はお気をつけくださいませ!
 
 
 
 
 
 
 
 

♪セットリスト

  1. 冬物語
  2. 砂時計
  3. You are my girl
  4. Forever & More
  5. 東京スヰート
  6. Beginning
  7. Prisoner of love
  8. 告白
  9. Reflections
  10. LAZY RAIN (with 竹本健一)
  11. FWFL (with ルーパー)
  12. ラヴ・ノーツ (with 妹尾武)
  13. 卒業写真 (with 松任谷由美、妹尾武)
  14. BLIZZARD (with 松任谷由美)
  15. うつぼかずら
  16. PRINCESS☆HUG
  17. 1, 2, 3, for 5
  18. ギリギリSHOUT!!
  19. シークレット (with DJバリK~ん&須藤満)
  20. 裸身
  21. 冬響
  22. HIT ME
<<アンコール>>
  1. ヒカリ
  2. まっすぐな橋
 
♪こしず的ライヴ実況
 
21時から10分ほど遅れて開演した苗場2日目。真っ暗な中で5人のモノローグが響き、明るくなるとステージの中央には5人が。1曲目「冬物語」のイントロが流れただけでもう大歓声!「You are my girl」ではメンバーが跪くシーンも…!3列目下手側の私の前にはユタカさんがあわわわあわわああ(落ち着け)
 
「Forever & More」のあとにMCが入ってメンバーのご挨拶。今回は20年間の苗場の思い出を振り返りながら。
村上:苗場公演が始まった当初、ちょっと大人な過ごし方をしようと思って、外に出ました。そこでつららを1本取ってきて、急いで部屋に戻ってグラスに入れて、そこにウイスキーを注ぐ。これが大人のロックだ!とかやってた時期がありました、村上てつやです。
安岡:独特な形をしたブリザーディウム、「この中の何人かは僕が見えてないんじゃないか」と毎回心配しています。それなのに今日はさっき跪いてて、これは逆効果なんじゃないかなと思いました!安岡優です。
黒沢:苗場プリンスホテルはそれぞれのお店でカレーの味が違うんです。なので、全部めぐって制覇したことがあります、黒沢薫です。
北山:(客席からの「誕生日おめでとー!」の声に)あ、ありがとうございます。今日も今日とて通常営業です。苗場プリンスホテルはこの20年でいろいろ改修されてなくなった施設もあるんですけど、一番思い出深いのはゲーセンね。あの太鼓の達人が懐かしいです。北山陽一です。
酒井:苗場公演当初は俺もゲレンデに出て滑ってました。スノボである程度初心者コースで滑れるようになって、調子に乗ってタケノコ山に登って、絶望。っていうね。酒井雄二です。
 
黒沢:そういえば昔、プールもあったね。
村上:俺と黒沢でよく泳いでたよな
黒沢:当時、苗プリの中で俺が1番薄着だったと思う笑
村上:ゲレンデに出て一番驚いたのは北山のスキーのうまさな
安岡:雪国出身ですからね
北山:でも、ちゃんとインストラクターさんの後ろをすべったとき、「本当にスキーのうまい人の後ろを滑るのってこんなに快適なんだ…!」って感動しました!(感動している様子を表現)
安岡:なんか今、生まれたての小鹿みたいになってましたね!!
(北山&黒沢あたりを中心に膝をガクガクさせて立ち上がる様子を体現w)
安岡ま、今日は誕生日なんで許しましょう。
 
今回の苗場公演は初のリクエストライヴを開催!ファンからの投票の結果上位20曲がセットリストになるというもの。その1位が「冬物語」、3位が「砂時計」だったとのこと。このへんのリクエストライヴの趣旨を説明した後にリーダーが
村上安心してください!
(※リクエストライヴですがアップテンポの曲もバラードもバランスよく入ってましたよ的な意味で発言したと記憶)
この言葉に反応した酒井さんが穿いてないように見えるポーズを始める
 
酒井:…ヘェイ!!(会場内爆笑)
 
村上:それはあかんで、酒井くん~笑
酒井:いやいやそんなん言うたら反応してまうやないか、村上くん~笑
 
あと、このあたりでユタカさんが「へぇぇえ!」という相当投げやりなリアクションをとったのが客席にジワジワ受けてて、それに対してきたーまさんが「まあ、誕生日なんで許しますよ」とフォロー(?)したの、めっちゃ笑いましたわ。
 
ここからは、バラードタイム。北山さんのモノローグで物語が紡がれながら「東京スヰート」から「Prisoner of love」まで。「Prisoner of love」のイントロで客席が震えましたね!(私だけかもしれんけど!) このシアトリカル形式で歌われた4曲、確かタイトルがついてた気がしましたけどなんだったっけ…?(苗場20年物語的な感じだった気がする ※テキトー)
★ライビュ後追記:タイトルは「苗場劇場~君と僕の20年物語~」でした!(当たらずとも遠からずだったよ!!!\(*'ω')/
 
客席がうっとりしているところに激しいドラムとともにアップビートになり、バンド紹介。今回も本間さん率いるジャムカンがバックバンドを務めております。そこから「Reflections」!うおー!めっちゃ懐かしい!
 
ここでゲストの登場!It's Alrightの作詞・作曲や、Just The Way You Areのアレンジなどでおなじみ、黒沢氏曰く“ちゃんとしたシンガー”竹本健一さん!ゴスペラーズと竹本さんの6人でこれも竹本さんが楽曲制作に携わった「LAZY RAIN」を披露!初めて竹本さんご本人のお姿とお声を体感しましたが、イケメンだしめっちゃ歌うまいしなんかもう超かっこいいですねまじで!(語彙力なくてすみません) 竹本さんはライヴ本編終了後のClub バリK~んにもご出演ということで、そっちも行ってきましたよー(*´Д`*)そちらのレポはまた今度!
 
ここまでにちょうど半分の10曲が披露されたということで、リーダーによる客席アンケート。
村上:これまでに自分が投票した曲が入っていたという人、拍手!
(半分くらい)
村上:どの曲にしようか迷ってたら投票期間が終わってたって人、拍手!
(1~2割くらい)
村上:そもそも忘れてたって人は?
(※ユタカさんによる強制終了により不明w)
 
10曲を振り返ると、シングル曲は「告白」のみ。特に冒頭4曲は3/4がカップリングというラインナップ!それに気付いたユタカさんは前に1歩踏み出しながら「おおぉっ!!」と大きなリアクションw(恐らくステージの際に楽曲リストが貼ってあるようでそれを見た) 酒井さんが「いまの安岡のドンってやつこっちまで衝撃が伝わってきた」と横で笑ってましたわw
 
メジャー曲をあえて選ばないという選曲に酒井さんから客席に一言。
 
酒井マニア!!!!!(会場を指さしながら)
 
安岡:「マニア!!!!!」ってww話の流れによっては悪口ですよそれwwwまあ僕らのファンクラブ名称は「ゴスマニア」ですけれども!
 
村上:ここまで歌った中で黒沢が印象に残った曲は?
黒沢:「Prisoner of love」ですね。3回目のサビだけに登場するフレーズがあるんですけど(3回目のサビ中盤の「君を~!」)、歌うのを忘れないか緊張しました。リハーサルで歌い忘れてて笑
村上:本当だよ~1回しか出番ないのに、リハの音源聞いたら「あれっ?」って。黒沢ー!!北山ー!!みたいな。
黒沢:すみません!
北山:すみません!
(並んで平謝りする黒沢&北山w)
安岡:あのフレーズを歌ってるのはあの2人ですからね
村上:「『君を』隊」です。
 
村上:酒井は何が1番印象に残ってる?
酒井:僕も「Prisoner of love」ですね
安岡:理由は?
酒井あの曲は人生の要所要所で僕を支えてくれたので。(真顔)
安岡:そ、そうなんですか。ちなみに「Prisoner of love」は映画のタイアップだったんですけど、なんて映画か覚えてますか?
酒井:ディズニー…の、「ライアンをさがして」
安岡:「ライアンをさがせ」ですね。まあまあ合ってますよ。なるほど酒井さんはあの映画が公開されていた当時からこの曲に支えられていたということですね!
 
村上:北山は?
北山:僕は「LAZY RAIN」ですね。僕、サビの前半はコーラスには参加しないんですよ。それで途中から全力でコーラスに加わるっていうのが、まるで大縄跳びに途中から加わるみたいな感じで。
酒井あ、俺もやっぱり「LAZY RAIN」にします
4人:!!?
酒井:俺もサビの前半はコーラスしてなくて途中から加わるので。
 
 
そんな流れもありつつ、ステージには次のゲスト、ルーパーが登場。
安岡:ルーパーくんについて、紹介していただけますか?酒井さん。
酒井:黒くて真面目なやつです。
安岡:…もう少し「真面目」の部分について詳しく話していただけます?笑
 
ここで酒井さんによるルーパー実演。吹き込んだHBBがループしている間、そのビートに合わせて踊ってる黒沢北山コンビが微笑ましい…
 
安岡:この1年で我々もだいぶルーパーくんと仲良くなりましたね。酒井さんのおかげで。
酒井:最初は引っ掻いたり噛みついたりされたもんです
安岡:酒井さんが指に絆創膏をいっぱいつけていた時期がありましたけど。まるで、ナウシカとキツネリスが心を通わせたようにね!
(会場の8割くらい拍手w)
村上:安岡それ世代的に分からない人もいるぞ!笑
安岡:!!!
村上でも、安岡は今拍手もらえて嬉しかったと思いますよ。なぜなら反ったから!(リーダーを筆頭にメンバー4人で背中を反らせるマネw)
 
ルーパー紹介パートでまたまた大爆笑だったわけですが、そろそろ次の曲へ。今回はランクインしたある楽曲をルーパーを使って披露するとのこと。始まったのは「FWFL」のビート。ビートが始まったときの客席のちょっとしたリアクションもそのまま録音されてループしてましたわw HBBを3パート録音してそのまま楽曲へ。「FWFL」はアカ港以来やってないんじゃないかな!?私も初めて聴きましたー!うわーい!
 
この1曲でルーパーくんの出番が終了。スタッフに連れられて退場する際に酒井さんが優しい声で一言。
 
酒井森へお帰り…
 
 
かつてはボディーパーカッションでビートを作りながら歌っていた「FWFL」も、ルーパーの登場でライヴ披露が可能となったという話で盛り上がるメンバー。ここでリーダーから衝撃の事実の発表が。
 
村上:今回ランクインしたのはアカペラ楽曲はあの1曲だけです!
 
客席:ええぇーー!?
 
村上:「ええぇーー!?」はこっちだよ!!笑 楽曲リスト見た時の俺たちのリアクション想像してみ!?笑
 
 
ここで、2組目のゲスト。苗場公演と言えばこの人、妹尾武さん!オフホワイトな衣装に身を包んで登場。
村上:こんな色の衣装着れるの妹尾ちゃんくらいだからね!この色、昔は「生成り」って言われてたけど、今の時代は「ナチュラル」って呼ばれてるよね!
この日、すでにピアノコンサート2公演を終えられている妹尾ちゃん。「今日はいい感じに雪が降ってて良い雰囲気でしたよ。」とのこと。
妹尾ちゃんのピアノと共に披露されたのは「ラヴ・ノーツ」。優しいピアノと共に「ラヴ・ノーツ」のあのコーラスが聴けるなんて、超贅沢…!
 
「ラヴ・ノーツ」後…
村上:昨日はここで妹尾ちゃんは退場でしたが、今日はもう少しお付き合いいただきます。なぜなら、一夜限りのスペシャルゲストがいらっしゃってるからです。
 
村上盛大な拍手でお迎えください、松任谷由美さんです!!!
 
 
ステージ中央から登場したのは、誰もが知っている苗場の女王であり、ブリザーディウムの名付け親、松任谷由美さん御本人!!しかも、ロウソクがついたケーキを乗せたカートを押しながらの御登場。始まったのは…
 
Happy birthday to you♪
 
Happy birthday to you♪
 
Happy birthday dear 陽一くん~♪
 
Happy birthday to you♪
 
 
ユーミンさんに合わせて客席も大合唱。みんなでゴスペラーズ苗場公演20周年と、北山さんの44歳のお誕生日をお祝いしました(*´∀`*) 5人とも本当にびっくりしていて、ユーミンさんを囲んでそのまま写真撮影へ。そして「せーの!」で北山さんを中心に5人でロウソクの火を吹き消してました。
 
あまりのサプライズにユーミンさんがきたーまさんの顔を覗き込み、「泣いてる?陽一くん泣いてるの?」と。私の席から見た限り、目が相当うるうるしてたのでたぶん泣いてました(決めつけw)
 
ここでユーミンさんからメンバーにお言葉が。
「陽一くんは、声ももちろん素晴らしいけど、一番ダンスがお上手ね。」
「酒井くんは、声ももちろん素晴らしいけど、一番リズムが良いわね。」
「黒ぽんは、声ももちろん素晴らしいけど、一番艶っぽいわね。」
「村上くんは、声ももちろん素晴らしいけど、一番華があるわね。」
「安岡くんは……声ももちろん素晴らしいけど、一番、手が大きいわね。」
(※マイク回しの話)
 
最後まで焦らしに焦らされてコメントをもらえたユタカさんの表情がなんとも可愛らしかった…(*´Д`*)
 
その後のMCの様子を聞いて勝手に推測すると、リーダーもこの演出は知らなかったようで、当初は妹尾ちゃんの弾く別の曲(恐らく「春よ来い」)に合わせてユーミンさんが登場する予定でいたところを、ユーミンさんと妹尾ちゃんによるサプライズであのような演出になったのではないかなと。(リーダーが「妹尾ちゃんの弾くキーが違ってどうしたのかと思った」と発言してたので)
 
前日の2/23のゴスの公演を客席でご覧になっていたというユーミンさん。今回の共演の経緯は、昨年の武部さんのイベントでたまたまリハーサルの楽屋が一緒になり、その時に「ゴスは今年苗場何年目なの?」とユーミンさんが声を掛けられたのが最初なのだとか。その後もユーミンさんが盛岡から東京に戻られる際に新幹線でゴスとばったり会ったり(ソウルネ仙台の帰りで、リーダーはどうしても高崎に行かねばならずゴスは4人だったらしい)と、昨年はいろいろとご縁があったそう。ちなみに妹尾ちゃんとは2005年の愛知万博の際に6人のピアニストとユーミンさんが共演された際にピアニストとして参加されていたんですって!
 
今年のユーミンさんの苗場公演にはゴスも観覧&出演。そこで行われていた、客席からお客さんを1人ステージに上げてエピソードとともに楽曲を1曲リクエストするというコーナー(毎年恒例らしい)にはゴスも驚いたようで…
安岡あそこ、すごいですね!!????
ユーミン:……あそこ、寒いですね???
(一同、ズコーッ!w)
そこでは、リクエスト曲がメジャーすぎる曲(松・竹・梅でいうと松)だと客席からブーイングが起こり、梅の中の梅、マニアックな曲やオカルトチックな曲(※ユーミンさん談w)だと、ユーミンさんがステージから退場するそうでwゴスもやってほしい…!
 
今年デビュー45周年を迎えられるユーミンさん。ご自身が選曲されたベストアルバムがまもなくリリースされるということで…
ユーミン:みんな、買ってね♡
安岡:当たり前じゃないですか!!!!!明日には1400枚の予約が入ってますよ!!
酒井:僕は、買います!!!!!!
村上:個人的に大好きな「瞳を閉じて」が1曲目でとても嬉しいです!!!! 
 
このあと、「もうすぐ3月ということで」と、妹尾ちゃんのピアノに合わせて「卒業写真」を、そしてバンドメンバーと共に松の中の松な超有名曲、「BLIZZARD」をゴスペラーズと共演されたユーミンさん!苗場でこんな素敵な共演が見られるなんて、生きてて良かった…!!!。゚(゚´ω`゚)゚。
 
 
ユーミンさんがご退場されても興奮冷めやらぬ様子の5人。
安岡:ユーミンさんを見送りながら「あー、俺、今純粋にユーミンに手振ってる」って思ったもん!
 
ここでリクエストライヴ本編を再開。このパートは魅惑の中盤戦、略して“ミワチュウ”。このラストを飾るのは…
 
村上:まさにダークホースと言うべき、僕らにとっては意外な選曲。ひらがなのタイトルです…
 
始まったのは怪しげな曲調が印象的な「うつぼかずら」!!!!!うわあああああこの曲も初めて聞くぞーー!!!!ちなみに舞台下手、私の目の前にはまたしてもユタカさんが。1曲の間ガン見してましたすみません!!!!!
 
村上:リクエストランキング18位、「うつぼかずら」お送りいたしました!
 
 
そしてステージにマイクスタンドが運び込まれ、灼熱の後半戦へ!ぷりはぐのイントロだけで黄色い歓声。「1, 2, 3, for 5」の大サビではステージ後方に5人の顔写真が映し出され、曲のラストでは一瞬G20で使われたメンバーの子供時代の写真も登場w 「『1, 2, 3, for 5』がきたら次の曲はこれしかないだろ!」というリーダーの煽りと共に酒井さんがシャウトし「ギリギリSHOUT!!」へ!さらにここでゲストが!DJバリK~んと須藤満さん!須藤さんがまたゴスのステージにいるのが見れて嬉しいよおおお。゚(゚´ω`゚)゚。この2人を迎えて「シークレット」!!最近はメドレーになることも多い「シークレット」でしたがこの日はフルコーラス!メンバーとともにステップを踏みながらベースを弾く須藤さんが本当に楽しそうで胸がいっぱいになりました…
 
一度ヒートダウンして、リーダーから苗場公演を20回できたことへの感謝の言葉があり、「裸身」と「冬響」。うっとりした雰囲気に会場が包まれたと思ったら、突然またアップテンポなイントロが!
 
村上:最後の1曲は真夏の暑さで俺たちを撃ち抜いてくれ!!HIT ME!!!
 
リクエストライヴ本編ラストはなんと真夏の楽曲「HIT ME」!!曲のラストはコール&レスポンス!
 
村上:I say HIT!You say ME!
村上:\HIT!/
客席:\ME!/
村上:\HIT!/
客席:\ME!/
村上:\HIT!/
客席:\ME!/
 
村上:I say だから!You say 好き!
村上:\だから!/
客席:\好き!/
村上:\だから!/
客席:\好き!/
村上:\だから!/
客席:\好き!/
村上:\だから!/
客席:\好き!/
 
最後は“ルネ男”こと、ユタカさんのジャンプで締め!
 
大盛り上がりの中、ライヴ本編が終了!
 
 
<<アンコール>>
 
まずは苗場プリンスホテル内でのゴスペラーズスペシャルイベントについてのご紹介。
酒井:シルバークラフト体験工房にて、かんしゃくもちくんや過去のツアーロゴをモチーフとしたアクセサリーを作ることができます。
北山:エステティックサロンにて、僕が選曲したゴスペラーズの曲を聴きながら、背中を20分、顔を40分エステを受けることができます。
村上:BGMに北山が歌いたかったアカペラも入ってるかもしれません!
黒沢:10周年を迎えたぽんカレーハウス、いつもはスペシャルメニューは数が限られていたんですが、今年は限定解除でお出ししています!あ、でも、あまりのもたくさん出ちゃうと品切れするかもですが…
村上:限定解除!(この言葉がハマったらしいw)
安岡:レストラン「ボーセジュール」にて、私安岡が料理にゴスペラーズの曲名をつけて、まるでライヴを楽しんでいるかのようにお料理を味わっていただけます。
村上:前菜のことを「スターター」と言いますが、今回はもちろん「Beginning」です!
村上:僕は特にオリジナル企画はないですが、去年の秋くらいから写真とかいろいろ見ていて。あ、子供の頃の写真とかじゃなくて過去の苗場公演の写真ですよ!?笑 過去の苗場公演を振り返っていただくのも良いかなと思って、ゴスペラーズスペシャルラウンジをオープンしました!
安岡:実際の衣装を見て分かることもありますからね!「へぇ~このくらいの背丈なんだ~。あ~~この目線の高さね、ふーん」みたいな!
(横で自分の身長とユタカさんの身長を比べる黒ぽんw)
 
ここで改めてメンバーからご挨拶。もうこの日色々ありすぎて覚えてないよ…(´;ω;`)記憶の断片では酒井さんが「今日は一言だけ。僕は買います!!!」と言ったのとか、きたーまさんが客席からの歓声に応えて「ありがとう、最高の誕生日でした」と言ってた流れで黒ぽんも客席(男性)からの歓声に対して「ありがとう、最高の誕生日でした」と重ねたのとか、ユタカさんが「ユーミンさんに褒められた、僕のブリザード(´∀`・)」と言いながら何度もマイクを回してたのくらいかな…あ、あときたーまさんか黒ぽんあたりが「他のアーティストのところに誕生日ケーキをカートに乗せて登場するのが新たな目標になった」と言っていたような記憶が…記憶力落ちたな私…_(:3」∠)_
 
一番心に残っているのは、
「ユーミンさんに追いつくことはできませんが、離されずについて行くことはできるはずです!!!」
というリーダーの言葉。これからもずっと、苗場公演を続けていってくれますよね、リーダー!!
 
最後の2曲は記念すべき50枚目のシングルから。BrianとJ.Queからはバンバン楽曲が届いていて、そのうち3曲まで絞り、その中の1曲が「ヒカリ」としてリリースに至ったそう。「今日はリクエストライヴですけど、これだけは歌わせてもらえますか?」と笑いながら謙虚に客席にお願いしちゃうリーダー、素敵です(*´Д`*)
 
「ヒカリ」と「まっすぐな橋」を披露してバンドメンバーとゴスペラーズが1列なって最後の挨拶。発声は北山さん!
 
北山本当に…本当に!ありがとうございましたー!!
 
 
ブリザーディウム内のBGMに「AIR MAIL」が流れる中、日付変わって2月25日の0時20分、無事終演しましたとさ!ありがとう、ユーミンさん!ありがとう、ゴスペラーズ!

« GBBレポ@高崎音楽祭(2017) 2日目 | トップページ | GOSMANIAファンの集い2018レポ@ZeppTokyo »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GBBレポ@高崎音楽祭(2017) 2日目 | トップページ | GOSMANIAファンの集い2018レポ@ZeppTokyo »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

連絡掲示板

無料ブログはココログ