« 「Soul Renaissance」リリースイベントレポ@川崎 | トップページ | ソウルネレポ@仙台 »

2017年5月21日 (日)

ソウルネレポ@清水

行ってまいりました!地元公演!

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
 
 ゴスペラーズ坂ツアー2017
 
   “Soul Renaissance”
 
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
 
 
清水にゴスペラーズが来ると聞いたら!!行くしかないじゃないですか!!
ということで、GWで帰省してからわずか中1週間でまた実家に帰った私。新幹線代をケチってライヴ後にこっちに戻ってくるとき以外の3回は鈍行列車で3時間近くかけて移動しました。その浮いたお金はパンフ代とトートバッグ代に消えたわけですが。
 
ということで、今回も衰えた脳みそに鞭打ってレポります。
お付き合いくださいませー!
 
 
 
 
 
♪セットリスト
  1. (イントロ '17)
  2. GOSWING
  3. PRINCESS☆HUG
  4. Dream Girl
  5. All night & every night
  6. Silent Blue
  7. angel tree
  8. 星降る夜のシンフォニー
  9. 侍ゴスペラーズ(Looper Renaissance Version)
  10. Resycle Love
  11. 永遠に -a Capella-
  12. ひとり
  13. (インター '17)
  14. MIDNITE SUN
  15. t.4.2
  16. I LOVE YOU BABY
  17. Body Calling
  18. Deja Vu
  19. Let it shine
  20. Hide and Seek feat. RHYMESTER
  21. Unlimited
  22. Get me on
  23. FRENZY
  24. 星屑の街
  25. Liquid Sky
  26. Fly me to the disco ball
<<アンコール>>
  1. reborn
  2. 誓い
 
♪こしず的ライヴ実況
※走り書きのメモなので呼称がブレたり、敬称略だったりします。ご了承ください
 
バンドメンバーがステージへ上がって客電が落ち、ついに開演!流れ始めたのはイントロ'17のCD音源。周波数の合わないラジオを聴いている時のような、音量が上がったり下がったり、ときどきノイズがまじったりしている状態から徐々に音量が増していって、「溢れ出せfrom my soul」でご本人たちの声と置き換わる。
 
“ようこそ
 
    Soul Renaissanceへ…”
 
すると「待たせたな皆の衆!!」と清水次郎長を彷彿とさせるような(笑)威勢の良いリーダーの声が!ステージが暗転し再び明るくなるとステージ上のゴスペラーズの絵がゴスペラーズ本人に変わるという!!なにこの演出!素敵!!メンバーの衣装はグッズのポスターと同様、光沢のある上下黒のスーツ。柄はポストカード見る限りペイズリー的な感じでしょうか?インナーのシャツはメンバーごとに違います。
 
GOSWING
激しいダンスで酒井さんのタイがほどけてました。それはそれでまたよろしい(*´Д`*)←
 
PRINCESS☆HUG
イントロで黄色い悲鳴が!この曲好き!この曲の振り付け超好き!!!
 

ここで早速アルバム曲!
 
Dream Girl
振り付けがついている…!!(衝撃)
 
 
ここで冒頭のご挨拶…でも喋り始める前にリーダーが最前列のお客さんに何か訊いている…
 
村上○△?!☆□にお集まりのみなさんこんばんは!!
(一同ズコーっと。北山さん笑ってステージに倒れるw)
 
一同:ええええええ!!???
村上会場名忘れちゃったww
安岡:それでお客さんに訊いてたんだwでも言えないんだw
 
村上:○△?!☆□にお集まりのみなさんこんばんは!!(結局まだ言えてないw)
酒井:マリナートだよ!!!
 
改めまして黒ぽんからご挨拶。
黒沢:本日、満員御礼です!ありがとうございます!!
 
ここでメンバーの自己紹介。
酒井:ちびまる子ちゃん好き、酒井雄二です。
北山:最も低い声、最も低いパート、最低というパートをやってます、北山陽一です。
黒沢:今年の4月3日で46歳になりました、最年長、黒沢薫です。
安岡:清水と言えば清商ですが、名前が変わったと聞いて驚きました、安岡優です。(※現在は清水桜が丘高校という名前です)
村上:清水には思い入れがあって、何年か前に1日で清水を回ったことがあるんです。清水エスパルスが長谷川健太監督のときに試合を見て。その時にね、清商のグラウンドも遠くから覗きましたよ。あと清水東もねー
安岡:「清水東」って入ったジャージの学生とすれ違ったーって言ってましたからね!
村上:そのあとちびまる子ちゃんミュージアムに行き、三保の松原に行き…
安岡:え、三保の松原って清水なの!?じゃあ僕も行ったことありますよ!
黒沢:僕も修学旅行が三保の松原でしたね
村上:何年前だよ…笑
黒沢:小学校5、6年のとき…
安岡:僕は名古屋から関東に引っ越す時、両親が連れてきてくれたんですよ。
村上:あとは、我々の親世代的には清水次郎長伝がありましたからね、次郎長のお墓も行きましたね、あと最後はビーバップハイスルクールのロケ地に行った。
客席:あー!!
村上:そう言う意味ではこの清水でやっとライヴができて嬉しいです!
酒井:その割にマリナートは言えないのか!
村上:いつ静岡市になった!!!
客席:\15年前ー!/
村上:15年前!?
酒井:なんか客席もふんわりだな笑
 
村上:ツアー開始の1ヶ月前に我々、2年6ヶ月ぶりのオリジナルアルバム、ソウル・(わざとちょっとためる)ルネッサーンス、ソウル・ルネッサーンス(あえて言い直すw)をリリースしまして…
安岡:あの、あの、中途半端に言うのやめようよ、お客さんやろうと思ったのにやれない人とかいたじゃん笑
村上:じゃあ、マスター、マスターやってよ笑
 
安岡:ではみなさん行きますよ!
 
 
ソウル……
 
 
\ルネッサーーーンス!!/
 
 
もう一度!ソウル……
 
 
\ルネッサーーーンス!!/ 
 
 
村上:この「Soul Renaissance」、オリコンウィークリーチャート5位に入りました!こんなに嬉しいことはありません。ありがとうございます!!
客席:(拍手!)
村上:今日はこんな感じでやっていこうかと思っています。
安岡:“こんな感じ”って…笑 トークライヴじゃないですよ!!
 
 
 
黒沢:今夜はニューアルバム「Soul Renaissance」の楽曲を出し惜しみせず、どんどん歌って行こうと思います。まずはこんな曲から。求め合う男と女の、愛の物語…(※うろ覚え)
 
All night & every night
もうこの曲アルバムの中で一番好きっ!
ステージ両サイドに置いてある豪華な肘掛け椅子、下手側にある赤い革張りの椅子を見て開演前に「あれ、ユタカさんが座りそう…」とゴスマニさんたちと盛り上がってたら本当に座って思わず笑う←
サビの「何度求め合って溶けそうなっ」のあとの「おーなじー」のため具合とそれまで厚かったハーモニーがここでギュッとユニゾン(で合ってる?)になるとこすっごく好きで、生で聴いてもここで鳥肌が立ちました(細かすぎ)
 
Silent Blue
2番のサビ後半、「愛せないなんて言葉も」の最初の低い「あ」の声の出し方がCDと違ってこっちの方が好きです(細かすぎ)
曲のラストに唇に指をあてるボーカルの二人が素敵。
 
angel tree
緑色の照明が美しい1曲でした(*´ω`*)
 
星降る夜のシンフォニー
(サビの酒井さんパートめっちゃ音高いですね…声引っくり返らせずに歌うの大変そう…)
 
 
ここでバンドメンバーは一時退場。ステージにルーパーが運ばれてくる。
 
安岡:さて。ステージにはルーパーという機材が運ばれてきました。これは何をする機械ですか?酒井さん。
酒井:ルーパーは「ループするもの」。つまり入力した音をずっと繰り返してくれる機材ですね。
安岡:ちょっとやってみせてくださいよ!
 
HBBでちょっと早めのビートを吹き込む酒井さん。続いて…
酒井:ピーヒャラピーヒャラ♪
 
ルーパー:ピーヒャラピーヒャラ♪   ピーヒャラピーヒャラ♪   ピーヒャラピーヒャラ♪
 
客席:おおおー!!
 
ここに黒ぽんが近づき…
 
黒沢:ぱっぱぱらぱー♪
 
これで\ピーヒャラピーヒャラ♪/ \ぱっぱぱらぱー♪/の踊るポンポコリンが完成!
 
さらにリーダーが声を吹き込む。このとき黒ぽんの「ぱっぱぱらぱー」にかぶってて最初何言ってるか分からなくて、酒井さんが黒ぽんの声をオフると…
 
村上踊る黒ぽん♪
 
一同:(笑)
このフレーズを受けてなぜかたこ踊りする黒ぽん。
酒井:なんだその踊りは!!清水市場の海産物か!!!
 
安岡:ルーパーにはボタンが五つあるじゃないですか、じゃあ1人一つずつ使えませんか?
 
酒井ええ?……………できます!!
↑絶妙なタメ方w
 
村上:酒井、今日調子ええなあ!!
 
ここで始まったのが、1ボタンに対して1メンバーの声を吹き込み、それに合わせて5人が歌うというもの。音源のON/OFFやボリュームの上げ下げもすべて自分の歌声は自分が責任を持って操作するとのこと。酒→北→黒→安→村の順で吹き込み、そのまま侍ゴスペラーズへ!
 
侍ゴスペラーズ(Looper Renaissance Version)
メンバー全員、器用にステージを動きつつルーパーを操作しつつ歌ってました。ゴスペラーズってすげー!と改めて思った瞬間でしたw
 
Resycle Love
 
永遠に -a Capella-
 
ひとり
 
ゴスペラーズは退場。バンドメンバーが再登場し、会場には「車通りの多い道を歩き、とあるバー(?)に入っていくまでの靴音」的なものが流れた後、インター '17のカラオケ音源(リーダーの声だけOFFられてる)に乗せて本間さんのサックスソロ。この間にステージにはスツールが5脚用意される。
 
曲が終わると衣装チェンジを終えた5人が再登場。後半の衣装は上下白のスーツ。ジャケットは腿の真ん中くらいまであるロング丈。この衣装、ジャケットの裾の位置が5人とも同じ(のように見えた)なのを見て、某アイドルグループは全員身長は違うけどスカートの丈は全員同じというのを思い出しました←
 
メンバーがスツールに腰掛けたところで次の曲へ。裾を巻き込まないようにジャケットをバッとやって座るのがとてもカッコいい(←語彙力…)。以下4曲はだいたいワンコーラスずつ。
 
MIDNITE SUN
Talk Box部分はふつうのコーラス
 
t.4.2
!!!!(サカイスト、衝撃を受け過ぎて声が出ない)
 
I LOVE YOU BABY
 
Body Calling
 
Deja Vu
スツールから立ち上がってのエモいアルバム曲。リードボーカルをとっているメンバーのスツールにスポットライトが当たる演出が好きでした。あと、サビになるとメンバーがそれぞれスツールに触ったりもたれかかったりするんですが、まあユタカさん陽ちゃんの手つきのエロいこと!けしからん!!もっとやれ!!!←
 
村上:我々の楽曲の中からメロウなナンバーをワンコーラスずつお送りいたしました。皆さんの好きな曲はありましたでしょうか?
客席:(拍手!)
村上:一度やってみたいんだよね、全部ワンコーラスでライヴ。
安岡:その代わり曲数が70曲くらいになるんだw
村上:で、「皆さんの好きな曲はありましたか?」って
安岡:70曲も歌って1曲もなかったら嫌ですねw
 
村上:ここで我々のライヴを支えてくれる、バンドメンバーを紹介します!新しいバンドメンバーのひととなりを皆さんに知ってもらおうと、毎回お題を設けています。今日のお題 は「癖」です。
 
ユタカさんがマイクを持ってバンドメンバーの元を回る。まずはキーボードの佐藤雄大さん。
佐藤:タオルの端を触っちゃうんですよね、あの折り込んで二重三重になってるとこ。
酒井:部屋中タオルの角だったらどうですか?あのとげとげの。
佐藤:…最高ですね笑
 
ギターの田中“TAK”拓也さんは…
田中:癖って自分が気付かないとこで出ちゃったりするじゃないですか。僕、リハーサルとかの動画見て気づいたんですけど、忙しい時とか髪を触るんですよね
村上:俺、そんなに追い詰めてた…??
田中:違いますっ違いますっ
安岡:弾いてる時に髪触るの?(再現)
(弾いてないwwwと総ツッコミ)
 
続いてベースの荻野哲史さん。
荻野:鏡の前に立つと鼻の下が伸びる…
安岡:インコみたいな表情ですか!?(やってみせる。ついでに目も見開いているw)
黒沢:でも誰でも「鏡の前顔」ってあるよね
 
そしてお馴染みドラムの杉野寿之さん!(普段は坂東慧さんだけど、この週末はスケジュール合わなかったのかな?)
杉野:こういう髪型のせいか、こうやる(頭を振って前髪を振り上げる)ことが多いですねー
安岡:それを含めてカッコいい叩き方じゃねえのかよ!!
酒井このバカちんがっ!!(金8先生…w)
安岡:それとはまたちょっと違う気がしますよw
 
酒井人という字は…スティックとスティックが笑
 
村上:酒井、今日調子ええなぁ~?そこに行くとは思わなかった笑
※もうステージがわっちゃわっちゃしててあんまり聞き取れなかったんですが、リーダーが「前髪」を噛んで「前借り」と言ってしまい…
村上:まあ、いいパフォーマンスのためにも前借り…
酒井:村上くん!金はあかんで金は!
 
最後はキーボード&サックスでバンマスの本間将人さん!
本間:なんとなくなんですけど。人と並んで歩くときは右側にいたいんですよね。
安岡:それはこういうことですか!?(黒ぽんを押しのけて右側へ移動する再現w)
本間:そうですねw
安岡:じゃあ今までずっと北山が右側にいたのは気持ち悪かったんだ!
※マイクを渡すためきたーまさんが本間さんの右斜め後ろで待機していた
村上:でもさぁ、それはさぁ、男が女と歩くときに車道側を歩かせないように自分が右側を歩くとか。そういうやつでしょ?
酒井:いやいや、心理学的にはにですね…あ、(某ほんまでっかな番組に出る先生っぽく) チーン!えー、心理学的にはですね、人間は左側に心臓がありますから、それを守るために盾として他の人を置いておきたいという心理が働くという説があります!脳科学的には。
安岡:(このとき北山さんの右側に本間さんがいるので)お前!北山がどうなってもいいのか!!
一同:(爆笑)
安岡:2人とも右側がいい人はどうすればいいんだろうね、あ、こうすればいいのか!
(黒ぽんと逆方向を向いて歩くw)
安岡:自分が真ん中のときはどうしたいの?(北山さんと酒井さんに挟まれる本間さんw)
村上:今は止まってるから関係ないじゃん笑
 
大騒ぎのバンドメンバー紹介の流れを引き継いで…
村上:北山の癖はなに?
北山:階段の最後の足は右足にしたいんです。最後の足が右足にならなそうなときはなんとかして右足になるように合わせます(実演)
村上:ということは、北山は階段でステップ踏むのか!
北山:今の例は下りでしたけど、上りの階段のときとかジャンプします。ステージ場でもそうしたいんですけど、立ち回り的にどうしても無理なときがあるじゃないですか、そういうときは微妙な気分になります笑
 
村上安岡の癖は?
安岡え…なんだろう…汗ですかね?
(それは癖じゃなくね?と総ツッコミ)
黒沢:それは身体のくせですね
安岡:生きてく上でのくせです笑
酒井くせがすごい
安岡:「いや僕ほんとくせっかきなんだよなー」笑
黒沢:くせっ毛だしねー
 
ひとしきり笑った後、歌へ。「魅惑の後半戦」のスタート。
 
Let it shine
振り付けがついている衝撃再び。
 
Hide and Seek feat. RHYMESTER
RHYMESTERのラップ部分はがっつり省略されてました(´・ω・`)いつか共演してくださることを期待しています…!
 
曲の終わり、「魅惑の後半戦はー!!灼熱の後半戦へー!!もういっちょ行くぜーーー!!!」という年少3人組のシャウトに続いて始まったのはUnlimited!!!
 
Unlimited
リーダーが客席にマイク向けてくれました!歌える!嬉しい!(@仙台)
「なにもー!いらなーい!なにもー!いらなーい!きみをー!きみをー!きみだーけをうばえーるなーらー!!!」という年長組のシャウト部分、客席から歓声が上がりましたぜ。
 
Get me on
懐かしのゲミオン!HBBパートは省略されましたが久しぶりに聞けて嬉しいー!!
 
FRENZY
これまた懐かしのFRENZY!間奏部分ではバンドソロあり。最後にもう一度「ソウル……\ルネッサーーーンス!!/」と叫ぶ
 
ここでクールダウン。リーダーから今回のアルバム制作の経緯などのMCがあり、星屑の街へと繋がります。
 
星屑の街
 
Liquid Sky
 
Fly me to the disco ball
てっきりLiquid Skyのしんみりした感じで終わるかと思ったら!!最後にグランドフィナーレが控えてました!!ちゃんとミラーボールも降りてきて、一気に明るい雰囲気に♪
サビの出だしの「っあーー♪」で客席も手を伸ばす感じになってました(@仙台) 私もそれやりたい←
 
最後にバンドメンバーとゴスが全員で1列に。舞台袖から宇佐美さんも登場!
村上:宇佐美くんの癖は?
 
宇佐美:本間さんと全く同じなんです…!
 
一同:おおーっ!
安岡もうこの2人は縦一列で歩けばいいと思います
酒井あとで紐でも作っておきます
 
発声は黒ぽん指名!
黒沢:本日は本当にっ!!ありがとうございましたーーーっ!!
 
退場時、本間さんを左側に置いてガッチリとホールドして笑顔で手を振るユタカさん。
 
 
<<アンコール>>
 
アンコールに応えてゴスとバンドメンバーが再びステージへ。ここで最後のご挨拶。
村上:調子がいい酒井から
酒井:ハードル上げんなや!
村上:え?
酒井:は!あ!ど!る!!
 
酒井:アンコールありがとうございます。アンコール。あんといえば、隣の魚市場にマグロ焼きがありましてね。今川焼きのような生地の中に、「あん」ね。ありがとうございましたー!
 
(客席から「ようちゃーーん」)
村上:友達か!?
酒井:宿題見せてー的なノリですかね
北山:僕は宿題やってかない派だったんですみません笑
(再び「ようちゃーーん」)
北山:はい、はい。ジョンでもポチでも返事しますよ。先ほど階段の最後の足は右足って話しましたけど、プライベートをステージに持ち込んでしまって、良くなかったなって思ってます笑
 
(客席から「くろぽーーーん」と)
黒沢:はい、黒ぽんかクロサワと呼んでください、ジョンやポチでは反応しません。今日は母の日ですね。今日は高い声に産んでくれた母に感謝したいと思います。思えば生まれつき声は高くて、声変わりもあまり自覚のないまま過ぎてしまって。でも中学生くらいって男子は強制的にアルトに回されるんですね。声が高いから低い方は出なくて辛いこともありましたが。でもこの声だから今僕はここで歌えています。高い声に産んでくれた母に感謝しながら歌いました。すみません、プライベートをステージに持ち込んでしまいました!
 
安岡:ツアーに出てると初めて知ることが多いですが、三保の松原が清水だったとは。引越し中に唯一立ち寄った三保の松原、両親は何か伝えたかったんだろうと思います。また会いに来てください。安岡でした。
 
村上:静岡では本当にいろんな街で歌うことができていて、やっと清水に来ることができて嬉しかったです。全国を旅していると、本当に5人てよかったなと思ってます。その土地にいかないと知らないこともあるんですが、どうしても忘れてしまったりして。そんなときメンバーとの会話からふと思い出したりすることができるんです。
 
5人の挨拶の後、アンコールに応えて歌ったのが…
 
reborn
あの!!「The Gospellers Now」に収録されていながら!ハモメロでは唯一歌われることが無かった「reborn」が!ここで聴けるとは!!
 
誓い
私がゴスにハマって最初にリリースされたシングル!誓い!生で聞けてもう胸がいっぱい…
 
歌い終わると会場はスタンディングオベーション!!
5人は登場時と同じ額縁の中へ入るとステージが暗転。次に明るくなったときにはその額縁には白い衣装の5人のポスターが。
 
さっきまでステージにいた5人が絵に戻ってしまったというか、夢から醒めてしまったみたいな演出がなんとも胸にくる演出でした。ゴスペラーズありがとう!!
 
 
*会館の駐車場でツアトラ発見しました!
 
Img_6072
 
セットリストの写真は(ブログのサムネイルにも出ちゃうんで) ツアー終了後にでもアップロードしときますー!

« 「Soul Renaissance」リリースイベントレポ@川崎 | トップページ | ソウルネレポ@仙台 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「Soul Renaissance」リリースイベントレポ@川崎 | トップページ | ソウルネレポ@仙台 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

連絡掲示板

無料ブログはココログ