« G20レポ その3 | トップページ | SOUL POWER SUMMIT 2015レポ@国フォ2日目 »

2015年9月12日 (土)

G20レポ その4

こちらは、

   +*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
 
   ゴスペラーズ坂ツアー2014~2015
        “G20”のライヴレポートです。
 
  ※セトリ・演出等、ネタバレを多分に含みます
 
   +*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
 
 
ライヴレポ第4弾です。セトリに関しては「G20レポ その1」をご覧ください。なお、このレポは下記公演をもとに作成されたものです。MCの場面などで、公演場所の記述が無い場合は、基本的にどの公演でも同じような発言をしていたと思ってください。
  • 2014/12/21 さいたま市文化センター
  • 2014/12/27 よこすか芸術劇場
  • 2015/03/01 沼津市民文化センター
  • 2015/03/27 中野サンプラザホール
  • 2015/04/18 中野サンプラザホール
  • 2015/07/11 グランキューブ大阪
やっと最後だーーーっ!ソルパワまでに書き上げるぞ!!!(※ソルパワは明日)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪こしず的ライヴ実況
 
本編終了後も拍手が鳴り止まない会場。そこにDJバリK~ん氏が登場!テンポ良いビートが流れ…\Who is the Best!? Gospellers!!!!!/(たぶんそう言ってると思う)というフレーズがリッピートされます。何回目からかは「ゴスペラーズ!」の部分は客席が言う感じに。そして会場が温まったところでアンコールでゴスペラーズ登場!!!
 
侍ゴスペラーズ
曲の最後にはリーダーからの口上が。
村上:ヘ~いぇい皆様っ!
 
\Oh Yeah!/
 
村上:本当にいつもいつも熱い応援、ありがとなっ
 
\Oh Yeah!/
 
村上:せっかくだから暑苦しいやつやらしてもらおうか 
 
\Oh Yeah!/
 
村上:10年前、俺はG10のコンサートでこう言った
 
\Oh Yeah!/
 
村上:三十路なんてまだまだ子供だぜ
 
\Oh Yeah!/
 
村上:でも今、デビュー20周年を迎えてこう思う
 
\Oh Yeah!/
 
村上:四十路なんてまだまだ青二才だ
 
\Oh Yeah!/
 
村上:五十、六十、七十、八十、九十…どこまで続くか分からねえ!!
 
-----@大阪-----------------------------
村上:五十、六十、七十、八十、九十、ひゃ…く…
酒井:さすがにそこまでは無理でしょ笑
村上:五十八っ、六十三、八十…二、……七十三…
4人:戻ったwww
村上:あと喜寿とか傘寿とか…もうわかんない、どこまで続くか分からねえ!!
----------------------------------------
 
\Oh Yeah!/
 
村上:歌の世界は奥深ぇ!
 
\Oh Yeah!/
 
村上:ただ、この力尽きるまで
 
\Oh Yeah!/
 
村上:歌いつ~~~づけるぅぅ~~~(「つ」からファルセット)
 
\Oh Yeah!/
 
村上:サ・ム・ラ・イ ゴスペラーズ
 
\Oh~~~~~ Yeah~~~~~!/
 
客席:(拍手喝采!)
 
村上:お粗末さまでした~
 
 
口上の直後にこの曲のイントロ!
 
ギリギリSHOUT!!
文字通りギリギリなメンバーのカッコいいナンバー。曲のラストでは「お前らギリギリかーーーっ!!!」という酒井さんからの煽りあり!!
 
ここでバンドメンバーが再度紹介され、ゴス+バンド全員が一列に並んで発声!ちなみに私が参加した公演では、黒→村→黒→村→黒→村という見事な年長組ローテでしたwたいていは「ありがとうございましたー!」でしたが、横須賀は2014年の仕事納めということもあり「今日は本当にありがとうございましたー!」横須賀は「2014年はありがとうございました、来年もよろしくー!」というお言葉をいただきました(*´ω`*)
 
バンドメンバー退場後、ゴスメンバーから最後のご挨拶。
-----@沼津---------------------------
…の前に各種告知があったんです。沼津ではこんな感じでした↓
村上:ハモれメロスが映像化されます。お芝居にも全力投球な我々をぜひご覧ください。
あと、我々、クリスハートくんと共演します!スポーツ紙には黒沢がカレー食べさせて口説き落としたみたいに書かれてますが。
黒沢:違うってばwww
村上:半分本当で半分嘘です!
--------------------------------------
 
改めまして、ゴスメンバーから最後のご挨拶。
 
-----@さいたま-----------------------
※GOSMANIA会報76号の記述も参照しています
酒井:20周年の記念日に、こんなにもたくさんの方が足をお運び頂き、御礼申し上げます。今後も変わらぬご愛顧のほどをよろしくお願いいたします~!!(歌舞伎の口上みたい)
安岡:20年やってると、あ、あの方はライヴハウス時代から来てくださってたなとか、あなた、最初は関西の方によくいらっしゃってませんでしたか?とか、あ、ご結婚なさったんですねーとか。ライヴに来てくれる方の顔、けっこう見えてるんですよ。皆さんと一緒に過ごしてきた20年間でした。
北山:本当にこんな幸せな人生はないと思いました。楽しかったです、どうもありがとう。(ちょっと泣きそう?)
黒沢:ハモれメロスではひたすら走ってこんなに大変なツアーはないと思いましたが、今日の方が大変でした。でも20周年記念日にこんなライヴができて幸せです!
村上:今年は良いスケジューリングをしたなぁと思っています。これがツアーの千秋楽だったら泣いてました。さっきの侍ゴスペラーズの口上にあったように、どこまで続くか分かりませんが、これからもこの5人でずっとずっと歌い続けていきます。
 
-----@横須賀-------------------------
酒井:今日はお越しいただきありがとうございました。来年7月まで続く長いツアーなので、また機会があったら来てやってください。
安岡:今回のツアーはいっぱい曲を歌いますが、昔の歌を歌うと当時のことを思い出します。皆さん、よくぞ、当時の僕らを好きになってくれました。
北山:この1年間、たくさん歌えて幸せだったけど、まだ和装できてませんでした…。今日のライヴは皆さんと一緒にライヴを作り上げた感じ。それは、ギブアンドテイクというか、ウィンウィンというか……ありがとうございました。
黒沢:今年はいっぱいライヴをやって、見にも行ったんですが、一番印象に残っているのは達郎さんでして。ライヴのMCで「なんでこんなに高い曲ばかり作ったんだろう、当時高い高い病にかかっていたんじゃないか」って仰ってて、今同じ気持ちでいます!!リハーサルで「これ、出ないんじゃない?」と思うこともあるんです。でも、ライヴではみんなのパワーで出るようになります。ありがとうございました!
村上:20年間やってきて、歌手という職業の重さを改めて実感してきています。これからも精一杯歌い続けます。
 
-----@沼津----------------------------
酒井:実家に帰る時、よく駿河湾沼津を利用させてもらってます。でもあそこいつも混んでるんですよね。マグロの解体ショーまだ見たことありません。また寄らせてもらいます。…ここでわざわざ言うことじゃないかも知れませんが(笑)
安岡:沼津はずっと歌いに来ている街です。よく寿司も食べに行きました。デビュー当時、ライヴの前日に野球の試合があって、社長が「一本でもヒット打ったら好きなもの食べさしてやる」と言ったので、僕は一本だけヒット打ったんですね。それで、ウニをたらふく食べました。
北山:僕は計画を立てるのが苦手なのですが…今日はこのツアーで最も残量がありません!!客席のみなさんのおかげです!
黒沢:今日の昼間、一人で深海水族館に行ったんです。そこでシーラカンスの展示を見たんですが、生きた化石と呼ばれているシーラカンス、ゴスペラーズも伝統的なスタイルのグループでそういうグループって以外と少ないんです、だからゴスペラーズも生きた化石と呼ばれるように頑張りたい、と思いました。
村上:(男性客からの村上コールに)なんか新手の祭が始まるみたいなww冒頭でも言ったように横に長い静岡県。いろんな街に行ったから、あとは島田か下田かくらいだけど、沼津が一番多いですね。これからも皆さんに歌を届けに行きます。
 
-----@3月中野-------------------------
酒井:今日は平日にもかかわらずたくさんの方がいらっしゃって、 本当にありがとうございます。少しでも楽しんでいただければ幸いです。これで本日の公演は終わりになりますが、一言言いたいのは、ライヴ中に僕と入れ替わりに出てきた金色の人は、私ではありません、ということです。
安岡:昔の曲を歌っているとその歌を作ったり、 歌ったりしていた当時の事を思い出します。そしてまた、この旅の途中で生まれた新しい歌を連れて、 皆さんの前に帰ってきたいと思います。また逢いましょう、安岡でした。
北山:舞台上には魔物が棲んでいると言いますが…今日はステージ上でこんな体勢になるとは思いませんでした。その瞬間はとってもビックリしたんですが、今日もみなさんの上昇気流のおかげで最後まで楽しめました、どうもありがとう。
黒沢:今日はGosTVに一日中密着されまして、ついに鶴が機を織るところを見られてしまったというか…あんな変な顔してウォーミングアップしてるんだ!みたいな(笑) 毎回、あのようにウォーミングアップすることでステージで声が出るようにしていますが、思ったように声が出切らないこともあるんです。そんなとき、みなさんの声援を受けると、ガッと喉が開いて良い声が出せます。いつもありがとう!
村上:皆さんが我々のライヴを観に来てくれるということは、前よりも僕らのライヴが良くなってることを期待してくれているからだと思う。これからも1ミリずつでも成長できるよう頑張っていきたい。いつも声援ありがとう。
 
-----@4月中野--------------------------
酒井:(客席からの声援に応え)おす!おす!酒井雄二です!先日疲れを取ろうとサウナに行って、いっぱい汗をかいてきました。どのくらいかいたかというと、このくらいです。……同じやないかーい!!
安岡:中野公演の2日目ということで、スタッフさんも今日は朝早く入らなくても良い日だったので、昨日はステージの大道具の搬入搬出のスタッフと飲みに行きました。スタッフが「これ、なんていう野菜ですか!?初めて食べました」と言ってまして……春菊なんですけどね。ぼくが普段当たり前と思っていることは、当たり前じゃないんだなって思いました。僕らが声援を頂いているのも当たり前と思わずにこれからも歌っていきたいです。
北山:(声援に応え)はい、はい、陽ちゃんです。…あのさ、41だよ?まあ呼ばれたら答えますけど。今日、中野に泊まってたんです。普段僕は自宅から30分以上かかる会場ではその近くに泊まるというルールを自分に課してるんですけど、中野は自宅から35分で…その5分の例外を許すか迷ったんですけど、泊まりました。中野は学生だったころ夜明けまで飲んでいた街で、朝の中野を見たらそれを思い出して懐かしくなりました。
黒沢:(黒ぽんコールに応える黒ぽん)どうも!44歳です!そろそろ「ぽん」が厳しくなってきました!(ユタカさんからも黒ぽんコールがww)酒井が言っているように汗をいっぱいかいて今日も楽しめました。
(リーダーのご挨拶は記憶がないのです_(:3」∠)_ごめんなさい。リーダーらしく20周年やってこれたことへの感謝の言葉と、これからも歌い続けていくといった決意表明があった気がします…)
 
-----@大阪----------------------------
酒井:かつぜつよくしゃべるきりょくがごz…滑 舌 良 く 喋 る 気 力 が ご ざ い ま せ ん!(このあと、大阪の皆さんには半年以上待たせちゃいました的なくだり…でしたっけ?)ハントシイジョオ!ね!ハントシイジョオ!これ、良かったら使ってくださいね。赤いスイートピーとか歌う時に使えると思います。
安岡:あのー歌詞にあるんですよね、「半年過ぎても」って。ね。えー、昨日はお休みで買い物に行こうと街に出たんですが、信号待ちをしていたら隣のお兄さんが「暑っ!!!」「…!!?」そして、次の交差点でも信号待ちでこっちから来たお姉さんが「暑いわぁ…」と。気持ちが動いた時には声に出している大阪人の距離感、覚えました。大阪はデビュー当時ライヴハウスで歌っていた頃からお世話になった土地です。また逢いにいきます。
北山:(客席の声援に応え)はーい、陽ちゃんでちゅよー。よんじゅうにちゃいになりまちゅー。……歌手の先輩から「グループはね、7年間で1年生なんだよ」というのを教わりました。今振り返ってみると、デビューから7年でヒットして、だいぶ豪華な2年生を過ごさせてもらって、来年でゴスペラーズは4年生になるんですね。えっと…何が言いたいかというと…これからのゴスペラーズに期待してください。
黒沢:(客席の声援に応え、ひと鳴きする) あ、これ、昔の洋楽のアーティストがやってるヨーデル唱法っていいます、最近楽屋で真似して遊んでます笑 いま振り返ってみると高校時代は音楽の趣味が合う人がなかなかいなくて。ロック全盛の時代に山下達郎さんやマーチンさんが好きで「いいよね!」って言っても反応が薄くて。デビューしたあとも分かってもらえないことが多かったんです。でも、いまこうしてたくさんの人に応援してもらえるようになったので、これからも自分たちが「良い」と信じたものを貫いていきたいと思います!
村上:黒沢のハートに火をつけた村上です。
客席:(大歓声と悲鳴)
黒沢:ボーイズ○ブみたい…笑
このあと、メンバーから「そういうのはダメです!」というツッコミの嵐!
酒井そういえばさっき「音楽の趣味が合わない」がちょっと「おんなの趣味」に聞こえたよ!!!
村上:酒井、滑舌いいな…(笑)
(そして、またもリーダーのご挨拶の記憶がなく…_(:3」∠)_ごめんなさい…内容はやはり20周年を迎えられたことに対する感謝の言葉だったかと。)
 
---------------------------------------
 
村上:では、最後にもう1曲だけ歌わせていただきたいと思います…
 
星屑の街
思えばこの曲、私がゴスペラーズにハマるキッカケとなった「アカペラ街」の劇中歌。この曲が無かったらゴスを好きになってなかったかもしれませんね…感慨深い…(´;ω;`)
 
歌い終わると、会場中スタンディングオベーション!メンバーが客席に向かって「ありがとう!」「また逢いましょう!」と声を掛けると声援が起きます。横須賀公演では2015年がひつじ年ということで、また来年!と挨拶するメンバーにまぎれて酒井さんが「メェ~~」とひと鳴き(笑) また、大阪公演では退場前に久々に酒井さんとエアハイタッチをしました!
 
割れんばかりの拍手に送られ、ゴスペラーズは退場していきました。
 
 
以上、G20ツアー6公演分まとめてライヴレポでした!!
お付き合いいただき、ありがとうございました!!

« G20レポ その3 | トップページ | SOUL POWER SUMMIT 2015レポ@国フォ2日目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« G20レポ その3 | トップページ | SOUL POWER SUMMIT 2015レポ@国フォ2日目 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

連絡掲示板

無料ブログはココログ