« G20レポ その1 | トップページ | G20レポ その3 »

2015年5月25日 (月)

G20レポ その2

こちらは、

   +*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
 
   ゴスペラーズ坂ツアー2014~2015
        “G20”のライヴレポートです。
 
  ※セトリ・演出等、ネタバレを多分に含みます
 
   +*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
 
 
ライヴレポ第2弾です。セトリに関しては1個前の記事「G20レポ その1」をご覧ください。なお、このレポは下記公演をもとに作成されたものです。MCの場面などで、公演場所の記述が無い場合は、基本的にどの公演でも同じような発言をしていたと思ってください。
  • 2014/12/21 さいたま市文化センター
  • 2014/12/27 よこすか芸術劇場
  • 2015/03/01 沼津市民文化センター
  • 2015/03/27 中野サンプラザホール
  • 2015/04/18 中野サンプラザホール
  • 2015/07/11 グランキューブ大阪
公演直後にテキトーにスマホに打ち込んだメモを頼りに記憶を復元する作業をしていますがしんどいですね~やっぱりレポはライヴ直後に書かなくちゃだめだorz
 
とりあえず続き、いってみましょー!!
 
 
 
 
 
 
 
 
♪こしず的ライヴ実況
 
誰もいなくなったステージ。しばらくすると音楽が流れ始め、(たぶん)5人が同時に話す声が会場にこだまします。
 
Microphone No.1 酒井雄二
 
その瞬間映し出されたのは、酒井さんの幼少期(幼稚園くらい?)と学ラン姿の高校生の時の写真!さいたまの初日はもう一瞬で会場が悲鳴歓声に包まれてましたね!以下、他のメンバーも同様に2枚ずつ写真が投影されていきます。
 
Microphone No.2 黒沢薫
 
Microphone No.3 村上てつや
 
Microphone No.4 安岡優
 
Microphone No.5 北山陽一
 
そして、5枚のLEDパネルにメンバーそれぞれのデビュー当時のアーティスト写真(U'll Be Mineくらいかな?)が映し出され、夕焼けシャッフルのアーティスト写真→熱帯夜のアーティスト写真と時間を追って変化していきます。
ああ、懐かしいなあ、成長したなあとマニなら涙涙のシーンだったことでしょう(初日に私はここで泣きました←)
 
その後、真っ白な衣装に身を包んだゴスペラーズが再登場。
 
Promise
ああ、ゴスペラーズ、デビューしてくれてありがとう…(´;ω;`)ブワッ 特にツアー初日、デビュー20周年記念日に聞くPromiseは格別でした…
 
 
村上:我々のデビュー曲、Promiseを聞いていただきました。そこで我々も、真っ白に輝く衣装にチェンジしてきました。まるでデビュー当時の我々のようですね!!
黒沢:(ポーズをキメて)イエス、ホワイト!!シャイニング!!!(ジャケットの裏地を見せながら)キュート!!
※ジャケットの裏地はトランプの4種類のマークが散りばめられてて本当にかわいい!
 
村上:そして、シャイニングでホワイトといえば!先ほど見ていただきましたね。我々の子供の頃の写真ですよー!ここからは、自分たちを自分たちでいじろうと思います(笑
 
-----@さいたま----------------------
村上:俺さ、ちょっとリクエストしていい?北山の2枚目の写真をね、もう一度見たいのww
(パネルに北山さんの高校時代の写真が映し出される)
一同:文豪みたいだ!wwww太宰治と同じアングルだwwwww
黒沢:国語の教科書の最後のページにある「作者の紹介」に載ってそう!
北山:これ、高校の卒業アルバムなんですけど、卒業アルバムに校内の様子を撮るためにカメラマンさんが入ってたんですね。当時、僕の隣には早弁している子がいて、ちょうどそこにカメラマンさんが入ってきて、「あ、こいつ早弁撮られてらww」って顔をした時の顔なんです。
黒沢:だからこんな絶妙なアングルなんだね笑
 
次に映し出されたのは村上さんの1枚目。
一同:これは小学生?体操着?
村上:これね、小学生のときの写真でタンクトップ着てるんですよ。タンクトップっていうか、この時代だとランニングですね。
安岡(?):村上さんは冬でも半袖短パン派だったんですか?
村上:そうでもなかったけどなあ…
 
その後、客席からのリクエストで酒井さんの1枚目を表示。
客席:かわいいー!
黒沢:このころの酒井は丸顔だったんだな…
酒井:おじいちゃんにそっくりですね!笑 小学生の頃ですかね。僕もランニングを着ています。あと、これ自転車に乗ってる時の写真なんですけど、ヘルメットを被ってるんですね。愛知県は規則が厳しくて。
 
安岡:僕ら、ここに出すためにわざわざ実家から卒業アルバムや家族写真をたくさん取り寄せて、最終的にどれを選ぶかはスタッフに任せてたんですけど、「これ選んだの!?」って思いましたwww
 
-----@横須賀-----------------------
村上:リクエストさせて。北山のねぇ、1枚目が見たい!
(パネルに北山さんの幼少期の写真が映し出される)
黒沢:既に面影あるねえ。
村上:すでに北山だ、目の辺りに企みを感じる…
安岡:リーダーの中で北山さんを北山さんたらしめているのは「企み」なんですか!?www
 
村上:他に誰のが見たいですかー?(客席にアンケート中…)黒沢の?2枚目!!
(パネルに黒沢さんの高校時代の写真が映し出される)
黒沢:これは全然真っ白じゃないです!!!!!www高校3年生のときの写真ですね。
安岡:このときには既に村上さんに出会ってるんですねぇ。
 
このあともっと喋ってたはずなのに私のメモはここで途絶えている…_(:3」∠)_
 
-----@沼津---------------------------
村上:誰の写真が見たいですか?
客席:\酒井さーん!!/
酒井やめろぉっ!!
村上:とりあえず酒井な、あと誰がいい?
客席:\てっちゃーーん!!/
 
安岡:では酒井さんと村上さんでいきましょう、まず酒井さんの1枚目から。
(酒井さんの幼少期の写真が映し出される)
酒井:これ幼稚園くらいですかねえ。自転車に乗る練習をしてた時の写真ですね、ヘルメットかぶってて。
安岡:これ着てるのはタンクトップじゃなくて当時は「ランニング」とか「袖無し」でしたよね!
黒沢(?):後光が射してるようにも見えるね(笑
酒井:後光に見えるところがヘルメットです(笑
 
安岡:続いて村上さんの一枚目行きましょう。
(村上さんの幼少期の写真が映し出される)
安岡:なんか似てますね!同コンセプトというか。
村上:確かに、帽子にランニングだし…w
 
安岡:そして酒井さんの二枚目は。
(酒井さんの高校時代の写真が映し出される)
酒井:これは高校の時ですね。
村上:このとき部活とか何やってたの?
酒井:最初軟式庭球部に入ってたんですけど生徒会に引き抜かれまして。学園祭の実行委員とか、旗振り役をやってましたね。
安岡:生徒会のときの役職は?
酒井:副会長でした。
村上:なんか内申点良さそうな感じだなぁ…
酒井分かっちゃった!?!?
村上:なんか嬉しそうだなww
酒井:でも宿題は提出できない生徒でしたねぇ。
安岡:そういう意味では村上さんの二枚目でも共通点ありますよ。サッカー部副部長ですもんね!
酒井:この時の内申点はどうだったんですか?
村上:内申点…悪かったね←
酒井:悪かったんだww
村上:スポーツ系の部活なんてさ、全部の先生と仲良くする必要ないじゃない?
(この流れで酒井と村上で「トップなんてやるもんじゃないよねー」的な話に)
 
安岡:じゃあ特別に、学生時代にトップを張っていたこの方をご紹介しましょう、ドン!(黒沢さん二枚目の写真) 高校時代に美術部部長だった黒沢さん!なんか部長だった故の苦労話とかありますか?
 
黒沢…まったくないねぇ
 
(全員ズッコケ!)
 
安岡:…僕、この質問20年間で初めてしましたww
黒沢:部員数が5人で、女子が多かったから「とりあえず部長決めろ」って言われてなったから、何も部長らしいことしてないです…
北山:名義貸しですね笑
 
-----@3月中野-------------------------
村上:誰の写真がいいですか!?
客席:(メンバーの名前が飛び交う)
 
村上:俺的には今のは黒沢だな。
黒沢:え、いや村上だと思うけど?ww
安岡(?):じゃあその二人でいいでしょう
 
村上:よし、まず俺の子供時代。
(村上さんの1枚目の写真が映し出される…)
安岡:既に村上さんですね。どんな子供でしたか?
村上:この頃の方がねぇ…奇声を発するのが得意だったんだよな。
4人:奇声…? 
村上:\ケケケッ!!!/みたいなやつ
安岡:それにしても、昭和の子供ですね~この着てる服はタンクトップなんて言いません。当時は「袖なし」です。さて、その頃の黒沢さんは。
(黒沢さんの1枚目の写真が映し出される…)
安岡:なんでこんな頬がふくれた表情をしてるんですか!?
黒沢:これねぇ、坂道を一生懸命上ってる時の顔なんですよ。
安岡:あ、なるほど、カレーを口に含んでるわけではなく
黒沢違う違うww
酒井「こらっ!口に入れたの出しなさい!」みたいな
黒沢:だから違うって!www
 
安岡:そして青春時代の村上さん。この頃はもう裏声お化けだったんですよね?
村上:お化けってwww 当時はカラオケで女性ボーカルの曲を歌うにハマってて。スゴいよ。「村上の歌う今井美樹がすごい」みたいな。すごいよ、「プライド」とかさ。
客席:(歌って!と言わんばかりの拍手)
安岡:あの、すみません、ここから先は別料金になります!!…一方、青春時代の黒沢さんは。
(高校時代の黒沢さんの写真)
安岡:この時に一生懸命だったのは何ですか?
黒沢:…特になかったね…
安岡:え?だって、美術部部長だったんですよね!?
黒沢:当時ね、「あ、これは頑張っても美大には行けない」 って気づいてしまって。だから、軽く挫折を味わった顔です、これはw
村上:確かにね、当時の黒沢は冴えてなかった。(キッパリ)
黒沢:なんだよぉ
村上:でも、黒沢の後ろの席の黒須くんが、 俺がアカペラやる仲間を探してる時に
「黒沢、歌うまいよ」って言ってくれて、俺が黒沢を誘ったのが、 すべての始まりです(ニヤリ)
客席:(割れんばかりの拍手喝采!)
 
-----@4月中野------------------------
村上:見たいメンバーは誰ですかー!?
客席:(メンバーの名前が飛び交う)
 
村上:分かんない分かんない…もう一回!
客席:(メンバーの名前が飛び交う)
村上:なんか全員分聞こえるんだよな…俺が決める。安岡と北山。
 
北山えっ僕の名前そんなに出てましたっけ!?
安岡:どっちからいきますか?
村上:まず北山の一枚目!
 
(北山さんの写真が出るやいなや、白目がないことにざわつくメンバーww)
北山:これ、まだ地球環境に適応する前の写真です、ちょっと見づらいんですけど、モルモットを抱いていて。
安岡:触れ合い動物園的な?
北山:はしゃいでるところです。
安岡どう見てもはしゃいでるようには見えませんけど?
北山:だからまだ地球環境に適応できてなかった頃なんですww
安岡:そんな北山さんが十数年かけて地球環境に適応した姿がこちらです。
 
(北山さんの2枚目の写真と同時に会場爆笑、適応したねー!とガヤるメンバー)
北山:高校の卒業アルバムの写真です。
安岡:それにしてもこのこの首の傾げ方、すごいですね!!!
 
(続いて、安岡さんの1枚目の写真)
村上:もう、安岡だよな。
安岡:この頃の子供は暑くなったら坊主って感じだったじゃないですか。僕、男三兄弟の末っ子だったんで、お父さんに風呂場で三人ともバリカンで刈ってもらって、1人刈ったらはい次、はい次、みたいな。流れ作業でしたよ。
(安岡さんの写真の2枚目。村上さんか誰かが髪型に注目)
安岡:これは中学の卒業アルバムですね。この頃、頭の片側は髪を上げて、反対側はおろすっていう髪型が流行ってたんですよ。で、そういう髪型にしてたのに写真を撮る前に先生に髪を洗わされたのがこれです。
4人:洗う!!?
安岡:あの、普通に廊下にある蛇口のとこで。先生が「洗ってこい!」って言うから、(ちょっと拗ねた口調で→)「いいよ、洗ってくるよ」みたいな。
村上:そこは洗うんだ笑
 
-----@大阪---------------------------
村上:もう一回見たいメンバー、誰ですかね?
客席:(メンバーの名前が飛び交う)
 
村上:誰が一番多いんだろ…?全員分名前聞こえるんだよな…
(メンバー何人かで「リーダーじゃない?」的な話になる)
村上:じゃあ…じゃあ俺ね。あともう一人!
客席:(メンバーの名前が飛び交う)
村上:…黒沢!
黒沢:おお…
 
安岡:では村上さんの1枚目から行ってみましょう!
(村上さんの1枚目の写真が映し出されると、メンバー・客席含め一同ガヤガヤ)
安岡さすが村上さん、この頃から口が開いてたんですね!
 
酒井安岡さすがだな、俺の言いにくいことバンバン言ってくれる笑
村上:口が開いてたって何よ…
安岡:いやいや別に僕は、笑顔が素敵だなって言いたかっただけですよ。
村上:これ、小学校2年生くらいですね。まだ千里ニュータウンに住んでいた頃ですよ。これ、親の実家が熊本で、阿蘇山に遊びに行ったときの写真です。
安岡:この頃の村上さんはどんな子供だったんですか?
村上:ん~変なポーズするのが得意だったねぇ~
(「いたいた、そういうやつ!」と囃し立てるメンバー、いまここでやってみろと無茶振り)
酒井:(カメラを構えるフリをして)はい、じゃあ村上くん写真撮りますよー!はい、チーズ!
ここで、両手を上げ口を開けてガオーなポーズをするリーダー。この様子を見て、黒沢さんがお腹抱えて笑ってましたww
安岡:…でもこの写真は変なポーズしてないですね、やっぱおじいちゃんとおばあちゃんちに行くから緊張してたんでしょうか。
酒井いや、実はこの写真も変なポーズしてたとか!!
 
安岡:では、村上さんの二枚目の写真どうぞ!
(村上さんの2枚目の写真が映し出される)
酒井…実はこの写真も変なポーズしてたとか!!
村上:さすがにそれはないよ!wこれ高校の卒業アルバムだもん。笑顔で写るもんじゃないでしょ??「だりぃなぁ」って感じで撮られてるんです。
安岡:この頃の村上少年はどんな感じだったんですか?
村上:この頃は変なポーズはもう卒業して、商店街で言っちゃいけないような言葉を叫ぶのにハマってました。
安岡それ、商店街で言っちゃいけないような言葉ってステージ上でも言っちゃいけない言葉ですよね!!?????
村上すごいんだよ、ものすごい大きい声で…
安岡では黒沢さんの写真ですーー!どうぞ!!!
 
(黒沢さんの1枚目の写真が映し出される)
安岡:(黒沢少年のぷくっとしたほっぺたを見て)これは、口の中にカレーを含んでるんですか?
黒沢:違います!!ww これ、幼稚園の遠足で山に登って一生懸命になってる顔です。ゴルフ場みたいな広いとこに丘みたいなところがあって、そこを登って。
安岡:この頃の黒沢さんはどんな子供でしたか?
黒沢:けっこうおちゃらけた子供で、幼稚園の学芸会でちびくろサンボのサンボ役をやったんですけど、本番で志村けんのモノマネをしてたら母親がステージの上にスタスタと上がってきてスパーンと殴られましたね。
北山:そのときお母さんはスリッパ持ってたんですかwwww
黒沢:スリッパ持ってたかは分からないけど、今思うとあれを含めて100点だったなあと思いますww
安岡:そんな黒沢さんが高校生になるとこうなります。
(黒沢さんの2枚目の写真が映し出される)
 
安岡このときは仲本工事さんのモノマネされてたんですか?
(その場で仲本工事さん風にジャンプするメンバーww)
黒沢この頃はねぇ、バイタリティーゼロの時代でしたね
安岡:えっ!?このとき美術部部長でしょ??
(ここで、爆笑しすぎて北山さんが床とお友達に。ステージ上もトークの収集付かずって感じでしたし、私も爆笑してたんで何が話されたかあまり覚えてないです…)
 
安岡:えー、そんな黒沢さんの心の扉を開いたのが村上さんです。
客席:(拍手喝采)
安岡:では最後に、その村上さんの2枚目の写真をもう一度見てみましょうか。
(高校時代の村上少年がスクリーンに)
安岡:そこからゆっくり黒沢さんに戻してください、…………あとちょっと!……もう少し!……ストップ!!!!
(そこには、高校時代の村上少年と黒沢少年が絶妙にミックスされた写真が。もちろん、ステージ・客席ともに爆笑)
安岡えー、皆さんに村沢くんの写真をご覧いただきました。
 
--------------------------------------
 
安岡:さて、ご覧いただいた写真はまだ出会う前の我々の写真でございました。そんな我々が大学のアカペラサークルで出会い、メジャーデビューを果たしたのは、1994年でございました。デビューといっても、まだ歌のレパートリーも少なくて、それでもデビューさせてもらって、これから歌える歌をもっと増やして行こう、そんな感じでしたね、村上さん。
 
-----@大阪---------------------------
(ユタカさんが↑のくだりを話し始めた後も「村沢くん」が後を引いてクスクスが止まらないリーダーww)
村上安岡、お前…よくあそこまでグダグダになったあとに筋書き通りの話できるなwwww
安岡:えっ?えっ?笑
酒井あんたもリーダーなんだからしっかりしなさいよ!!
村上:もう歌う気力失せてきちゃったよぉ笑
ユタカさんが話し始めたタイミングで黒沢さんと北山さんは次の曲に向けて音取りをしてるんですが、このくだりを挟んだ影響で音を取り直してましたわwww
 
--------------------------------------
 
村上:そうですね。だからこそ、デビュー当時に歌っていた曲は今でも大切に歌って行きたいと思っています。
 
真赤な太陽~Thank you (~Motownphillyの一部、さいたま・横須賀公演まで)
真赤な太陽の1番を歌い終わったあと、そのままThank youの1番へ繋がります。沼津公演以降からはそれで終わりだったんですが、横須賀公演までは同じくBoyz II Menの楽曲であるMotownphillyの一部分 (曲の後半部分、「どぅんどぅんどぅんだ~らっ どぅんどぅんどぅんだ~らっ やいやいやいやーらっだーらっ らぁらぁらぁぁあ」ってとこです←) で締められてました。その公演でのMCによると、当時実際に使っていたアレンジだそうです。
 
村上:ありがとうございます。美空ひばりさんのカバーで「真赤な太陽」、Boyz II Menのカバーで「Thank you」をお送りしました。特にBoyz II Menというグループは同世代というだけあって、この楽曲を聞いたときは本当に衝撃的でしたね。
北山:この曲を歌いたい!って思って、どうやって歌ってるんだろう、と一生懸命聞いたんですけど、当時の僕らの実力では先ほど歌った1番までをカバーするのが精いっぱいでした。このように僕たちは、力強いアカペラ、「喧嘩アカペラ」というゴスペラーズにしかできないアカペラもこれまで追求してきました。
 
いろは
 
村上:アルバム「アカペラ」に収録されている「いろは」でした。この曲は酒井が作曲したんだよな。
酒井:世の中のアカペラに対する常識を打ち破ってやりましたッ!(@横須賀)/この曲をやるとものっすごい疲れるんすよ!!!(@沼津)/ちょっと楽曲中にタイプミス(=歌詞間違い)がありましたね(@中野3月)/こんなに血管が切れそうになる曲だとは作ってる時は気が付きませんでした…ッ!(@中野4月)
 
安岡:「いろは」のようにアカペラの新しいスタイルを開拓しながらも、もちろん、王道の、ハーモニーを聞かせるアカペラ、こちらも我々は追及してきました。
村上:次にお送りする曲で、僕らの事を知ってくださった方も多いのではないのでしょうか。
 
ひとり
 
安岡:村上さんの美しい“奇声”、お送りいたしました…(@中野3月)
 
 
安岡:さあ…次はどうしましょうか、酒井さん。
 
-----@さいたま----------------------
酒井:ここからは志向を変えて、あるテーマに沿った曲たちを、1曲1曲は短めに、MCは挟まず、続けざまに歌っていく、という形にしようかなと!
安岡さすが!20年もやってると新しい形を思いつくもんですね!
酒井:だろぉ?
安岡:いやぁ~すごいな~…って、メドレーですよね?テーマはどうしますか?
酒井:ゴスペラーズの楽曲の中から、この季節にふさわしい、冬の曲をメドレーでお送りします。題して「ゴスペラーズWinter Song Medley」です!
 
ゴスペラーズWinter Song Medley ~君とゴスの冬物語~
 
-----@横須賀------------------------
酒井:ここからは志向を変えて、あるテーマに沿った曲たちを、1曲1曲は短めに、MCは挟まず、続けざまに歌っていく、という形にしようかなと!
安岡:なるほど!つまり、曲!
酒井:おう!
安岡:曲!
酒井:うん!
安岡:曲!
酒井:そう!
安岡:…メドレーですよね?テーマはどうしますか?
酒井:ゴスペラーズの楽曲の中から、この季節にふさわしい、冬の曲をメドレーでお送りします。題して「ゴスペラーズWinter Song Medley」です!
 
ゴスペラーズWinter Song Medley ~君とゴスの冬物語~
 
-----@沼津---------------------------
酒井:ここからは志向を変えて、あるテーマに沿った曲たちを、1曲1曲は短めに、MCは挟まず、続けざまに歌っていくという形にしようかなと!
安岡:なるほど、でもテーマに沿ってっていうところが大事ですね、どんなテーマにしますか?
酒井:皆さん、もう3月に入ってすっかり春ですね
客席:(拍手!)
安岡そこで拍手するのおかしいですよ!3月が来たのは僕らのおかげではないですから!皆さんに平等に3月はやってきます。
酒井:しかし皆さん、過ぎていくのを追いたくなるのが人間です。ということで、テーマは…冬!!!
 
ゴスペラーズWinter Song Medley ~君とゴスの冬物語~
 
-----@3月中野-------------------------
酒井:「タイアップ」を御存知ですか、みなさん!
安岡:ほう。
酒井:「タイアップ」。タイアップとは、新しく出る商品や映像作品などの宣伝活動のために楽曲が使われることでして!これによって街中でも楽曲が頻繁に流れるようになり!(この辺で酒井さんが噛む)より多くの方の耳に届くようになるということです!ということで、今回はゴスペラーズの曲の中でタイアップ曲となったものを、メドレーにしてお送りしようというわけです!!
安岡:はい、知らなかった方はぜひ覚えて帰ってくださいね。これ今度テストに出しますから。問題は「酒井さんがどこで噛んだか」です。
酒井そこ出すんかーい!
安岡大丈夫です、僕は噛む人は大好きです。
客席:(拍手喝采)
酒井:それではお送りしましょう、ゴスペラーズ、タイアップメドレーです!
 
ゴスペラーズ Tie-up Song Medley~ハーモニーが、お好きでしょ~
 
-----@4月中野-------------------------
酒井:「タイアップ」を御存知ですか、みなさん!タイアップとは、新しく出る商品や映像作品などの宣伝活動のために楽曲が使われることでして!これによって街中でも楽曲が頻繁に流れるようになり!より多くの方の耳に届くようになるということです!ということで、今回はゴスペラーズの曲の中でタイアップ曲となったものを、メドレーにしてお送りしようというわけです!!(←まるで演説)
安岡酒井さんの「私とタイアップ」、お送りいたしました。
酒井:それではお送りしましょう、ゴスペラーズ、タイアップメドレーです!
 
ゴスペラーズ Tie-up Song Medley~ハーモニーが、お好きでしょ~
 
-----@大阪----------------------------
安岡:次は…どうしましょうかね、酒井さん。
酒井:筋書き通りで良いんですか、安岡くん。
安岡:や、僕は全然構いませんよ?笑
酒井:僕が言いたいのは「機は熟した」ということです。
安岡:……すみません、まだちょっと意味がわからないんですけど
酒井:このツアーが始まったのは去年の12月、冬のことでした。今は7月。つまりハントシイジョオ!なわけですよ。冬に出会ったカップルに例えれば、恥じらいを脱ぎ捨てる頃、植物で例えるなら花をつけ果実が熟す頃です。ハントシイジョオ!なわけですから、そろそろ我々もそういう曲を披露する時が来たのです!!!
安岡:ほう!?
酒井:つまりは、スイートで濃厚な曲のメドレーです!
安岡:それではお送りしましょう、ゴスペラーズ スイート&メロウメドレー。
 
ゴスペラーズ Sweet & Mellow Medley~月明かりのドレスで~
 
----------------------------------------
 
以下、メドレーの種類ごとにざっくりレポします。
 
ゴスペラーズWinter Song Medley ~君とゴスの冬物語~
2014年中は1曲目が「Christmas In Heaven」、2015年に入ってからは「冬物語」からスタート。「冬物語」のイントロ中にサブタイトル~君とゴスの冬物語~の文字が後ろのLEDパネルを流れていきます。続いて「Beginning」と「冬響」。どちらも1コーラス程度(フルコーラスでも聞きたいくらい好きな曲なんだけど…w)そして最後はフルコーラスで「クリスマス・クワイア」または「砂時計」。クリクワのときがですねぇ…良かった(*´Д`*)曲ももちろん好きなんですが何が良かったって曲のラスト。CDではフェードアウトなんですが、ライヴでは突如サンタさんコスチュームのスタッフさんが登場。そして何かを黒沢さんに手渡し。それは、
 
ミニ鉄琴…!!!!
 
あの、15周年漂流記春夏で話題となったあの鉄琴…!!すると鉄琴のスティックを持った黒沢さんを囲んで、メンバー4人が鉄琴を支えたり、鉄琴の音が聞こえるようにマイク向けたり。この光景だけでもうとにかく愛おしい…(*´Д`*) そして黒沢さんがクリクワのサビの一節を鉄琴で奏でると、後ろでサンタスタッフさんが白い紙吹雪をまいて雪っぽい演出。この紙吹雪は次のメドレーの前フリ中にサンタスタッフさんがコロコロで掃除していきましたww
 
ゴスペラーズ Tie-up Song Medley~ハーモニーが、お好きでしょ~
もはやうろ覚えなのですが。イントロで真理さんが「ウイスキーが、お好きでしょ」の一部分を奏でている間にサブタイトル~ハーモニーが、お好きでしょ~の文字がLEDパネルを流れていったはず。1曲目はその流れのまま「ウイスキーが、お好きでしょ」。続いて1コーラスずつ「氷の花」「青い鳥」「Sky High」「エスコート」。特にSky Highあたりからけっこう盛り上がりましたね!立ち上がるお客さん多数。エスコートに至っては13年ぶりに生で聞きました!懐かしの日韓W杯!!そして最後にフルコーラスで「言葉にすれば」でした。
 
ゴスペラーズ Sweet & Mellow Medley~月明かりのドレスで~
1曲目は「月光」。イントロで泣くやつ。続いて「Right on, Babe」「裸身」「Yes, No, Yes...」を1コーラスずつ。ヤスノーヤスを久しぶりに聞きました。2008年のハモ倶楽以来だから…7年ぶり!!???相変わらずエロかった。最後はフルコーラスで「告白」。15周年秋冬で物議をかもした(!?)あのダンスは不発でございました。
 
あー…超長ぇ…←本音w
 
しかしまだ灼熱の後半戦はここからなのです。既に心が折れてます笑
続きはG20レポその3にて。

« G20レポ その1 | トップページ | G20レポ その3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« G20レポ その1 | トップページ | G20レポ その3 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

連絡掲示板

無料ブログはココログ