« ハモメロレポその2 | トップページ | ハモメロレポその4 »

2014年11月25日 (火)

ハモメロレポその3

こちらは、

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪
 
  ゴスペラーズ坂ツアー2014
     “ゴスペラーズの『ハモれメロス』”
 
       ライヴレポートその③です。
 
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪
 
 
説明は…いらないよね(´∀`・)続き、行ってみよう。
 
※横浜公演最終日、東京公演初日・2日目の3公演分の記憶がMixされています
 
 
 
 
 
 
 
 
♪こしず的ライヴ実況(の続きの続き)
 
三日目… 約束の日 朝
 
東京へと向かう汽車が出る駅にはカオルと大量の駅弁を持ったカルロスがおりました。
カルロス:(駅弁を持って)さ、これだけあれば足りるだろう。それにしてもいい式だったねぇ…みんないい顔してた。
カオル:……いろいろありがとう。
カルロス:いやいやこちらこそ。ご実家に泊めて頂いて、こんな衣装まで…あぁ来た来た。これに乗れば、夕方まで充分余裕をもって東京に帰れるよ。
 
汽車に乗るカルロス。でもカオルがその場を動かない…
カルロス:どうした、早く乗らないと。待ってるんだよ?テツヤくん…
カオル:……ごめん、あれから考えたんだけどさ。やっぱり俺のせいでアキコに肩身の狭い想いはさせられないよ…せっかく掴んだ幸せなのに、俺が逮捕されて、破断なんてことになったら…だから…ごめん。
カルロス:大丈夫、帰って謝ろう?そうしたらきっと許してもらえるって…
カオル:………ごめん。
カルロス:…分かった、まだ東京に向かう汽車は何本かある。じっくり考えればいいよ。
(つぶやくように)
カルロス:そうだねぇ、正直に帰るだけが、答えじゃないかも知れないね。
 
どしゃ降り '64
カバーなのかオリジナルなのか分からない楽曲その2です。酒井さんのリード。でもこの曲好きだなぁ(*´ω`*)
 
本番前のファイブオーシャンズのもとへ、カルロスが一人で戻ってきました。
カルロス:…というわけで、僕一人で帰ってきたわけです。(お弁当をひょいと持ち上げ)これ、お土産です。良かったらみんなで食べてください。
アンザイ:残念だったなチャッピー。カルロス、警察に電話だ。……カルロス?
カルロス:いや、約束の時間までまだ少しだけあるようです。ほら、空に明かりが残ってます。うっすらと、あと少し。だから、もう少し待ってやくれませんかね。
アンザイだめだね!!結局みんな自分が一番かわいいんだ。あのときだって同じだよ。本当は金なんてどうでもよかったんだ、ただ、「ごめん」って一言謝ってくれればよかったのに…
 
カルロスすみませんでした…
アンザイ:……え?
カルロスすみませんでした。
アンザイ:なんでカルロスが謝るんだ??
 
カルロス1本は私です。
 
え???唖然とする一同。
カルロス盗まれたギター2本のうち1本は、私の家にあります。
アンザイ:カルロス、どうして…
カルロス:欲しかったんです。ただただ欲しかったんです。だってアンザイさんが持ってたって意味ないし、ギターとベースが盗まれたとき、もう1本くらいなくなっても大丈夫かなって…
アンザイ:カルロス…!!
カルロス:…今から、出頭してきます。
アンザイ:……いいよ!やるよ!!ギターの1本や2本!!カルロスは謝ったんだ。メロスと違ってな!ジミー、警察に電話だ。
 
ケンジテツヤを今警察に突き出すわけにはいかない!テツヤはファイブオーシャンズの大事なリードヴォーカルなんだから。
アンザイ:誰が決めたんだ。
ケンジ:これは、メンバー全員の意見です。今のファイブオーシャンズには、彼の声が必要です。
アンザイ:なんだと…?ジミー、お前はどう思う。
ジミー:確かに、期限までにメロスは帰ってこなかったんだから、テツヤを警察に引き渡すべきです。でも、今日のコンサートをいいものにしたいから。テツヤをステージに上げるのは、賛成です……だいたい、コンサート中はテツヤを見張れないって理由で期限を決めたんだから、一緒にステージに上げちゃえば…
ポケットからチケットを取り出しジミーの前にかざして
アンザイジミー!ほら、イギリス行きのチケット!!行きたいだろ!イギリス!!さっさとこいつ警察に突き出して!!コンサート終わらせて!!イギリスに行く準備したいだろ!
 
チケットをちらりと見るジミー。でもチケットを持ったアンザイの手を振り払い…
ジミー:……イギリスには、自分の金で行くことにします。ヨーコだって、きっと分かってくれるはずです。それより、今日のコンサートをいいものにしたいから…
 
アンザイ:…カルロス!どうだ?イギリス。行ってみたいだろ~!?おっかしいよなぁ、こいつがいきなりリードボーカルだなんてなぁ…
カルロス:……出会った時に1度しか聞いてませんが、私ももう一度、彼の歌を聞きたいです…
 
泣き崩れながらチケットをビリビリに破いるアンザイ…
 
ケンジ:行こう…
アンザイ:待てよぉっ!もう少し待ってやるよ…!それなら文句ないだろ…!!その代わり、こいつのステージネームは…チャッピーだ!!
 
ここでカーテンが閉まり、ステージ上にアンザイが一人が残ると…
アンザイ:(泣きそうな顔をしながら)……勢いで…パパにお願いして買ってもらったのに…若気の至りで破いてしまった…
 
床に落ちたチケットを拾い集めながら
イ…
 
ギ…
 
リ…
 
「ス」が見つからないww
  
イギリ……
 
これで俺も行けるかな、イギリ…(遠い目)
ちなみに東京初日ではお客さんから「うしろだよ~」と最後の一切れの位置を教えてもらって「ス」を無事見つけられてましたw
 
俺さ、最近ギターに行き詰まり感じてきててさ。…あ、ギターを弾く“ふり”な。そろそろこっちに手を出そうかと思ってさ。これ。(声が出ている様子を手で表現)これだよこれ。…何?言わせんなって。…ヴォーカルだよ、ヴォーカル!!
 
…でもさ、俺、致命的に音取れなくて。
(ここで、何かを拾って耳に当てる)
 
 
ざーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
 
あ、これ音取ってるんじゃなくて、貝殻耳にあてて波の音聴いてんだ
 
 
ざーーーーーーーーーーーーー………なーんてなっ!!(放り投げる)
 
本当は俺、お前らが羨ましかったのかもしれないな。ほら、よく部室で言うだろ。
「ここ、セカンドに入ってんの誰?あ、お前?何お前、じゃあセカンドからフォースに行ってんの?そっかそっか!ごめんごめん!」とか、「ここさ、インテンポで行ってくんない?ああもうインテンポでいってんのか!ごめんごめん!」とかさ!
 
インテンポって!!なんか深刻な病気ですか!?みたいな!!精神的なところからきてそうな病気!
 
だからさ、イギリ行って、本場の音楽に触れればそういうのもスッと入れるんじゃないかなって。
東京2日目ではこんなセリフもw↓
俺、だいぶひとりで喋ってるだろ。俺が喋ってる裏で何が行われてるか、話してもいいんだぜ!!そのあとは知らねえけどよ!
 
なあみんな…(振り返る)
 
って、いない!!!!!
たぶんだいぶ前からいない!!!!!!!!!
 
ち…ちょっと待ってよおおおお
 
アンザイもあわててカーテンの奥へ…
 
暗転したステージにケンジの声が響きます。
Ladies and Gentlemen, 大変、大変長らくお待たせいたしました。新しいメンバーを迎え、さらに輝きを増したアンザイタケシとファイブオーシャンズのコンサート、いよいよ開幕です!!
 
Sherry
カーテンが上がり、鮮やかなジャケットを着たファイブオーシャンズが登場!赤…?いや、ピンク…否、あえて“紅(くれない)色”と呼びましょう。ちなみにアンザイさんはグリーンのジャケットです。チャッピーこと、村上さんのファルセットがとっても美しい一曲!(*´∀`*)
 
テツヤ:ありがとうございます。今回初めてファイブオーシャンズとしてステージに立たせてもらうことになりました、テツヤです。
アンザイ:んんっ!(咳払い)
テツヤ:ああっ…チャッピーです!こんなにたくさんの人を前に歌うのは初めてなんで、緊張してますっ!!これから歌う曲は友人のカオルと一緒に作った曲です、聴いてください。
 
くれないの街
テツヤの心境を考えながら聞くと、歌詞に納得(´;ω;`)そして印象的な曲中の台詞へ。
 
 
君が帰らないことを望むなら、
僕はその道を受け入れよう。
 
君が選んだ道なら、
それが君の帰る道だから。
 
 
おかえり…
 
 
 
 
突如開く上手側前方の客席の扉。
 
 
 
そこに駆け込んできたのは…
 
 
 
 
カオル…!
 
 
(´;ω;`)ブワッ←こしず、この場面でマジ泣き
 
 
 
カオルはじっとテツヤの方を見つめながらゆっくりとステージに上ってゆき、くれないの街を最後まで歌い上げます。
 
 
カオル:ただいま…
 
テツヤ:遅ぇよ。
 
カオル:ごめん…
 
テツヤ:(微笑みながら) おかえり。
 
Promise
そのままPromiseへ。ああ、そうだね、約束を守ったんだね…(´;ω;`)ウッ
 
歌い終わったところへ、ファイブオーシャンズと同じ紅色のジャケットを持ったアンザイが登場
アンザイ:帰ってきたか、メロス。
カオル:さあ、警察でもどこへでも突き出せばいい。
アンザイ:警察?なんだそれ?カルロス、何のことかね?
カルロス:さあ?
アンザイ:ジミー、なんか事件でもあったか?
ジミー:いぃえ、聴いてませんけど。
カオル:でも…
アンザイ:いいから。
カオルにジャケットを差し出すアンザイ。
 
アンザイ:皆様、大変長らくお待たせいたしました。新たなメンバーにチャッピーとメロスを加えた、キタヤマヨウイチとファイブオーシャンズ。その極上のハーモニーをご堪能ください。
さあ、ハモれ、メロス。
 
 
ひとり
なんだか生で聴くの久しぶり…チャッピーのファルセットが沁みます(´;ω;`)
 
HIT ME
ここから一気にヒートアップ!振り付けかっこいい!間奏の3,2,1,3,2,1の手拍子はテツヤさんが煽ってくれます(`・ω・´)
 
1,2,3 for 5
これまたカッコいいいいい(*´Д`*)カルロスううううーー!←
 
 
2年後…
 
ケンジ:ありがとうございます。ちょっとした偶然で、2年前からこのメンバーで活動してきたファイブオーシャンズですが、次が、このファイブオーシャンズとして最後の曲となります。聴いてください。
 
太陽の5人
しんみりした曲かと思えば太陽の5人!そういえばこの曲ももともとはFour Seasonsが歌ったものでしたね。
 
ここで、アンザイこと、田中聡元さんのナレーションが入ります。
 
その年、ファイブオーシャンズは解散し、メンバーもそれぞれ別の道を歩んでいきました。大学を卒業して就職する者、新たにバンドを組む者。
ベンチャーズとともにエレキブームが巻き起こり、誰もが楽器を持つのが当たり前となった時代など、音楽の世界は時代と共に数々の流行が生まれては消えて行きました。
 
ここからはハモメロメドレー!どの楽曲もだいたい1コーラスくらいで巡っていきます
 
こちらはライヴ冒頭のものと違い英語歌詞で。福ちゃんのギターが入って違った雰囲気に。同じ曲なのに全然印象が変わって、こっちはキリッとカッコよい感じ!
 
Love Train
赤・青・黄の照明で、まるでハモ騒動のライヴに戻ったよう!手振りも健在。とりあえず楽しい!←
 
夢伝説
8小節ずつの歌い継ぎで夢伝説!北→酒→安→村→黒の順だったかな。原曲に近いアレンジでした。
 
Dance if you want it
夢伝説の「遥か時を超え 巡り会える日まで…」からの「Dance if you want it!!」この曲も聴くの久しぶりで嬉しかった~(*´ω`*)確か曲中にバンド紹介がありました。
 
No one else comes close
東京公演で追加されていた楽曲!この曲をライヴで聴くのは初めて!!!これは嬉しい!
 
Just the way you are
こちらも東京公演で追加されていたもの。ハモ騒動に引き続きこの曲が聴けるとは思いませんでした~東京公演行って良かった…
 
ここでさらに田中聡元さんのナレーションが入ります。
 
1960年代、そこには今の音楽を形作る、ほとんどすべてのアイデアが既にちりばめられていました。そして、2014年。ここにも、音楽の歴史に名を残そうとしている男たちがいます。どこかファイブオーシャンズに似た面影を持つ5人組。ご紹介しましょう、ゴスペラーズ!
 
Be shiny
マイクスタンドが用意され、イントロに合わせて手を後ろに組んで左右に揺れる五人。この曲は酒井さんの声の美しさが際立ちますね(*´ω`*)
 
LAZY RAIN
Be shinyのほんわかした雰囲気から一転、大人な雰囲気のLAZY RAINへ。聞き惚れながらも「あ、ここはこの人とこの人のハモりだったのか~」とかついつい目で追ってしまいました
 
MOVIE☆STAR
曲の冒頭にユタカさんが客席を思いっきり煽ってくれます!あと、曲中黒ぽんが後ろでヒゲダンス踊ってるように見えたのは私の見間違いじゃないですよね…?(ご自身がリードを取る場面では華麗なムーンウォークを披露してくれます)
 
村上:歌って、踊って、お芝居をするゴスペラーズ、いかがだったでしょうか!!今年20周年を迎えるにあたって、プロデューサーのヒャダインさんが我々に素晴らしい曲を書いてくれました。最後にその曲を歌いたいと思います。「SING!!!!!」聴いてください。
 
SING!!!!
曲の最初の音叉の音は北山さんがその場で音叉を叩いてマイクに近づけて鳴らしていて、客席から「おぉー!」の声。この曲はとにかく聴いてて楽しい!見てても楽しい!振り付けDVD出してくれないかな(笑) CDではヒャダインさんが歌ってる(喋ってる?)「ドレミファソ~」はたぶん酒井さんが担当している気がします。曲中のハンドクラップの会場の一体感には圧倒されますね!
 
歌い終わった後、SING!!!!!のインストと共に…
 
村上:この旅に新たに加わってくれた仲間を紹介したいと思います。あのDVDの司会者です。田中聡元~!!!
 
以下は一番面白かった(←え)東京二日目のご挨拶
田中:え~本日、冒頭でやらかした件については、あとでたっぷり時間をかけて言い訳をしたいと思います!!
このとき、後ろでユタカさんが村上さんに向かって「なんかあったの?」って聞いてて、村上さんと黒沢さんから説明を受けて「あ~!」って納得するように頷いてて、その様子見つけた私はニヤニヤてました←
 
田中:それでは、私から本公演の、俳優たちをご紹介したいと思います!!キタヤマヨウイチの弟、ケンジを演じました北山陽一!カルロス、酒井雄二!ジミー、安岡優!チャッピー、村上てつや!そして、メロス、黒沢薫!!!
 
村上:そして、田中聡元~!!!
 
 
ここでハモメロ本編もフィナーレ!客席からも惜しみない拍手!
客席に向かって手を振り続けてくれるメンバーをよそに、
 
容赦なくそれなりの速さで閉まるカーテン!
 
こうして、ハモれメロスの本編は終了しました。さぁて、あとはアンコールとご挨拶だぁ~!!(ぜーはー)
 
ハモメロレポその4に続きます。

« ハモメロレポその2 | トップページ | ハモメロレポその4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハモメロレポその2 | トップページ | ハモメロレポその4 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

連絡掲示板

無料ブログはココログ