« FOR FIVEレポ@仙台 | トップページ | SOUL POWER SUMMIT 2013レポ@国フォ2日目 »

2013年6月14日 (金)

GOSMANIAファンの集い2013レポ@仙台

こちらは
GOSMANIAファンの集い2013
仙台公演のライヴレポートです
 
注)ネタバレを含みます!!今後参加される方はご覧にならないことをお勧めします!
 

GOSMANIAファンの集いに行って参りましたー!!!

恐らく仙台での集いに参加するのはこれが最後…(´;ω;`)
東北ゴスマニで良かったと思えたし、1年以内に仙台を離れるのが惜しくなるような素敵な集いでした!そして会場でお会いしたゴスマニの皆さん、ありがとうございました(*´∀`*)お声をかけて頂き嬉しかったです♡
 
ということで、今回も劣化した記憶力をひっぱたきながらライヴレポを制作します。ステージの様子は全体の3割くらいしか肉眼で見ていませんが!!←背が低いため/(^o^)\
前回の千秋楽レポは忙しくて2カ月かけて完成したので忘れてる部分が多くて悔しかったので。
レポは熱いうちに書け!ということで。それでは、どうぞー♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※更新履歴※
6/17 ライヴ実況完成!
6/16 ライヴ実況中間部加筆
6/15 ライヴ実況前半部加筆
6/14 ページ公開、セットリスト、衣装&ステージ構成公開
 
 

♪セットリスト

  1. 侍ゴスペラーズ
  2. ポーカーフェイス
  3. 約束の季節
  4. Heartbeats (カバー曲)
  5. Break it down (黒沢薫さんのみ)
  6. やさしさに包まれたなら (カバー曲)
  7. 猫騒動 (カバー曲)
  8. Tiger Rag
  9. STEP!
  10. ギリギリSHOUT!!
  11. 一筋の軌跡
  12. 言葉にすれば
アンコール
  1. 夢の中へ (with 中村まこと)
  2. Love me! Love me!
 
♪衣装&ステージ構成
ステージの背面には大きなスクリーン!そして中央にターンテーブル!これだけ!本当にこれだけ!!非常にシンプルでした。今回はバンドメンバーはおらず、バリさんのみ。衣装は正直あんまりハッキリ見えなかったんですが薄い緑?かな?のジャケットに、なかはシャツで全員違うタイプのものを着ていたかと。それ以外はほとんど見えませんでした\(*'ω')/イェーイ!!←
 
♪こしず的ライヴ実況
開演30分前…ステージ上のターンテーブルにはツアーTを着て帽子をかぶった人物が。あれ、バリさんじゃない…
 
村上:みなさんこんばんはー!DJ涙香(ルイカ)でーす!3公演目でやっと慣れてきたわw一応ね今は仮の姿で、これからゴスペラーズに変身しなくちゃいけないんだけど…その前にどうしても紹介したい、僕の友達がいます。DJ K2(ケーツー)!!
 
そこでレコード2枚くらい(片方はMichael JacksonのThrillerだったかな?)と共に登場したのは…黒ぽん!!…もとい、K2!!←
リズムに乗りながら踊ったり、レコードをかけたり、それを心配そうにリーダーが見てたり…(*´ω`*)Rock with YouとBillie Jeanをかけて会場が暖まったとろで、ターンテーブルはDJバリK~んさんにバトンタッチし、2人はスタンバイへ。「始まる前に始まってる」とは、この意味だったのね!!
 
80年代のディスコ曲がたくさんかけられて、会場も既にノリノリ。そして19時、時間通りに開演!!「侍ゴスペラーズ」(メンバー紹介部分はなし)と共に5人が登場!
 
♪ドッキドキが止まらない 生まれたばかりの歌がある
   今ここにRensa仙台に!始まる重なる震えだす
♪5人の侍 俺たちがゴスペ 俺たちがゴスペ 皆様のゴスペラーズ!!
 
コールアンドレスポンスでも最初から大盛り上がり!
続くは「ポーカーフェイス」!ラップ部分もゴス自身が担当!前半部(感覚研ぎ澄ます~ミス・ポーカーフェイス)が酒井さんと黒ぽん、後半部(10・J・Q・K・A~生き残る武器はこのポーカーフェイス)がリーダーとユタカさんと陽ちゃん(…だったはず)このとき、会場は大歓声でした!そして大サビは会場も含めて大熱唱!GOSMANIAが歌う旋律にメンバーが合わせてハモっていて、もう既に1つになった感!ひとりで歌いながら感動してました、私。
そして「約束の季節」へ。久しぶりに聞きました。ゴスペラーズの曲の中で1番好きな曲。嬉しくって泣きました。いつ聞いても良い曲です。素敵です。大好きです。(もはやレポじゃない)
歌い終わると舞台袖へはけるメンバー。えっえっ?なにが始まるの??
 
 
しばらくしてスクリーンに映し出されたロゴは
 
「かがやけ!ミュージック・トゥモ~ロ~!」
(※タイトル若干曖昧。これで合ってますか…?←)
 
雰囲気は一昔前の歌番組という感じ。下手側に司会者用の椅子、上手側には5つの椅子が用意されます。そこに登場したのは…ゴスマニの中ではお馴染みの俳優、中村まことさん!ゴスのアカペラシリーズに数多く出演されている俳優さんですね。ご本人のお姿を拝見するのは初めて!嬉しい!!
 
中村:皆様こんばんは、ミュージック・トゥモ~ロ~の時間がやって参りました。司会の中村まことです。今夜はここ、Rensa仙台から、公開生放送でお送り致します。さて、今夜のゲストは…大学のサークルで結成し、ストリートライヴで腕を磨いたあの5人が、ついに登場です。ご紹介しましょう、ゴスペラーズ!!
---ちなみに…---------------
中村さんが登場された時、
○~いお茶のパッケージに書いてあった俳句を紹介して
「これだけは覚えて帰ってください」
っておっしゃってたのに忘れましたゴメンナサイ中村さん←
---------------------------
 
ゴス:\こんばんは~!/(椅子に座る)※ここから先、5人はこしずの視界から完全に消える←
中村:ではお1人ずつ自己紹介をお願いします。
 
ここで、5人の自己紹介があったのですが、ざわざわしていてあまりよく聞こえず、唯一聞こえたのはユタカさんの「はい、メンバー最年少!ヤングライオンこと、安岡優です☆」でした← デビュー当時のような初々しい挨拶を5人ともしていたんじゃないかと思います(脳内補間)
 
中村:どう?緊張してる?
村上:…す…少し…(苦笑)
黒沢:この番組に出るのが…夢だったので(ソワソワ)
中村:そっかそっか、じゃあチョコあげるよ。(リーダーと酒井さんに手渡す)ちょっと融けかけてるけど。俺の体温で。
 
ここでリーダー、何を思ったか客席にチョコを投げ入れ!キャッチした方に中村さんが「ね?ちょっと融けてるでしょ?俺の体温で。」とおっしゃってましたww
 
中村:えー…さっそくですけど、村上くん。ゴスペラーズはアカペラ…というスタイルで音楽をやってこられたということで。ちょっとやってみてもらえる?
村上:あ、はい。じゃあ、多くの方がたぶんご存知のあの曲を…CMでお馴染みのはずです
 
♪ウィスキーがお好きでしょ
 
中村:ほう…素晴らしい!!これはまたおめでたい感じで。出演者の方がね…
客席:あー…
安岡:先日結婚されたね、あの俳優さんね。僕らも学生時代から親交がありましたから。
中村:えーでは、ここからはゴスペラーズ結成のいきさつについてお話したいのですが、えーっとデビューが…1994年…えっ!?20年前??じゃあ今はおいくつ…
村上:……全員40近い…(苦笑)
安岡:えっと、僕が今38歳です。ごめんなさい、さっきの挨拶のメンバー最年少ってとこしか合ってないですね;;
中村:村上くんが最年長なの?
村上:俺と黒沢が最年長で42歳です。僕らが高校時代に学祭でアカペラをやって、当時は珍しかったこともあってすごい反響で!これしかない!と。
中村:なるほど。なんと今日は。そのデビュー直前のライヴ映像をご用意しております!それではVTRどうぞ!!
 
ステージ背面のスクリーンに映し出されたのは1994年、ライヴハウス(原宿ルイード…だったっけ…)の30秒ほどの映像。現メンバーの若々しい映像が!!← 「ゴスペラーズのテーマ」を歌ってました。
 
安岡:なんかノリ方も若かったですね!ピョンピョン跳ねる感じで!!
中村:はははそうですねー。えーそして、武道館公演をされたと。
村上:はい、これまで応援してくれたみなさんに感謝の気持ちを込めて、憧れだった武道館ライヴを。
中村:武道館でライヴをやったんだよね!?見に行ったわけじゃないよね!?
村上:ちゃんとやりました!見に行ったんじゃないです!!ww
中村:なんと今日は。その武道館公演の映像をご用意しております!それではVTRどうぞ!
 
それは凱旋門ツアーの武道館公演の映像!「ひとり」を歌い始めの映像に、「靴は履いたまま」でダンスをするメンバーの姿!(やっぱり若い!←)
 
中村:ところで酒井くん。聞くところによると酒井くんはこのときにギャグをやったとか。
酒井:ええ…まあ…
中村:ちょっとやってみてもらえる?
酒井:えっと…物が無いので再現は出来ませんが。こう、ぶどうパンを両手に1本ずつ持ちまして。\二本ぶどうパーン!!/って
客席:(喝采)
中村:素晴らしいですね!!何が素晴らしいって、もうウケないギャグをやる勇気が素晴らしい!!え~そして、芝居仕立てのアカペラライヴもやられていると。
安岡:はい。ライヴ中の曲は全部アカペラで、その合間合間をお芝居で繋いでいくという。
中村:なんと今日は。そのライヴ映像をご用意しております!それではVTRどうぞ!!
 
三度スクリーンにライヴ映像が。その映像はアカペラ街。私がNHKの特集でゴスにハマったきっかけとなったライヴ!「星屑の街」を歌っている途中にユタカさんの息子を名乗るおじさん(中村まことさんが演じています)が「お父さん!!」と抱きついて来るシーンでした。
 
中村:ゴスペラーズの皆さんは5人なのに、この映像のステージ上には6名いらっしゃってましたね…
安岡:そうなんですよ。僕ら、お芝居に関しては素人なので。その道に精通してらっしゃる、いわゆる“プロの”役者さんにも出演して頂いて。
中村:はははは、私もこの役者さんは知ってますよ~下北沢あたりで合ったことあります~はははは。
安岡:本当に素晴らしい役者さんで。
中村:はははは。ごめん、もうチョコないんだ。さて。ゴスペラーズの皆さん、そろそろ歌の準備を。何を歌っていただけるんでしょう?
村上:いま、カバーアルバムを制作中で、今回は僕らがデビュー前にお世話になったJIVE(ジャイヴ)さんというグループの「Heartbeats」という曲を歌おうと思います。
中村:分かりました、それではスタンバイをお願いいたします…
    それでは、歌って頂きましょう。ゴスペラーズで、「Heartbeats」
 
「Heartbeats」は、しっとりしたバラード。心がほっと暖かくなるような、素敵な曲でした(*´ω`*)リードは確か、年長組だったかな…?
 
中村:ありがとうございました!ミュージック・トゥモ~ロ~、今夜1組目のゲストは、ゴスペラーズの皆さんでしたー!!
ゴス:ありがとうございましたー!!(舞台袖へはける)
中村:さて、続いて2組目のゲストをお呼びいたしましょう、黒沢薫さんです!!
 
ここで満面の笑みで黒ぽん…もとい、薫さんが登場!
 
中村:…あれ。ねえ。
黒沢:え?
中村:さっき…いたよね?
黒沢:あの、今度はソロアーティストとして出演してます!
中村:ああそう。どうやら黒沢くんは僕の大学の後輩らしいから、宣伝タイムを30分あげちゃうよ!
黒沢:ええっ…30分も話すこと用意してないですよ…;;
中村:って…30分じゃ長過ぎるから好きなだけ喋っていいよ。
黒沢:ありがとうございます、えー私、黒沢薫はですね、8年ぶりにソロアルバムをリリースいたしました!「LOVE LIFE」というタイトルで、愛をテーマにした曲を収録してあります。このアルバムを聴き終わったら「あぁ…恋したいな…」って思える作品になっていると思います!共演しているアーティストも豪華です!鈴木雅之さんや、レゲエシンガーのPUSHIMさんと共演させてもらいました!ぜひ皆さん聞いてください!(客席がなぜかクスクス)……って、人が一生懸命宣伝してるのになんで笑ってんだそこ!!(笑)
中村:本日はそのアルバム曲の中から1曲披露してくださると。
黒沢:はい、「Break it down」聞いてください…
 
なんと!発売したばかりのアルバムの曲をナマで聞けるとは!!ダンスをしながら歌い上げる薫△!!
 
中村:黒沢薫さんでした!ありがとうございました~!ミュージック・トゥモ~ロ~、またお会いしましょう!
 
ここで、中村さんがはけ、ゴスペラーズ全員が登場。MCに入ります。
 
村上:皆さん、JIVEさんの「Heartbeats」、素晴らしい曲だったと…思いませぬ??
酒井思いませぬ!??(笑)
村上:カバーアルバムを作っているというのは本当で。今やっと半分くらい?までさしかかっています。ゴスペラーズがこのタイミングでカバーアルバムを作るというのはちゃんとした意味があって。もちろん有名な曲をゴスペラーズ流にカバーするというのは当たり前なんだけど。JIVEさんの「Heartbeats」を選んだのも、お世話になったアーティストさんだっていうこともありますが、僕らが歌うことで、こういうアーティストさんのこういう曲もあるんだ、ということを皆さんに知ってもらえたらと思ったからなんです。
そして今回アルバムを作るにあたって、日本に現存する最古のアカペラ曲、これをカバーしようと。何年前だと思います?なんと80年前の!1933年にレコーディングされた楽曲。ちゃんと探し出したんです。しかも、とてもエンタート…エンターテインメント性にあふれた…
4人:エンタートってなんだよww
村上:エンタート性にあふれたww曲になっています。動物の歌です。………あれ、俺紹介する曲の順番間違えてる?
安岡そうですよ!もうどうやって修正しようかと…!!!
黒沢今まで聞いたことはみんな、忘れてくれ!!!!
安岡:(何事もなかったかのように)…JIVEさんの「Heartbeats」、素晴らしい曲でしたよね皆さん!!!!!!!
酒井素晴らしかったと思いませぬ!!??
安岡:えー今回のカバーアルバムでは皆さんにかつてのアーティストさんの素晴らしい曲を知ってもらうことはもちろん、オリジナルは1人のアーティストさんが歌っている曲にコーラスを付けて、ゴスペラーズらしくアレンジものも収録されております。
村上:すごいね、こういうアプローチ法もあるのか!!!!!次に歌う曲は皆さん1回は聞いたことがある曲なんじゃないかと思います。あえて曲名は言いません…
 
ここで5人が半円になってアカペラでシャンランラランランランララ…♪と歌いあげます。最初は山下達郎さんの「ALONE」に似てるなと思ったのですが…
 
♪小さい頃は神様がいて 不思議に夢を叶えてくれた…
 
なんと!松任谷由実さん(リリース時は荒井由実さん)の「やさしさに包まれたなら」のカバー!リードが!1番が酒井さんで2番が陽ちゃん!!これ、めっちゃ良かった!本っっ当良かった!!自然と顔が(*´Д`*)←こんなんなりました!!!←落ちつけ
 
村上:そしてもうひとつ、今回アルバムを作るにあたって…ゴニョゴニョゴニョ←さっきの話を早送りで喋っている(つもり?←
安岡:日本で一番古い、アカペラの曲をですねー…(中略)…っというわけです。はい。←早送り中のリーダーの声にかぶせてさっきの話を要約(両脇で残り3人爆笑)
安岡:思い出せましたかー?みなさん。
村上:GOSMANIAは優しいねー
酒井:優しいよ!優しさに包まれてるよ俺ら!!
村上:それでは早速歌おうかと思います。聞いてください、「猫騒動」。
 
---ちなみに…---------------
このMCの中のどこかで酒井さんがリーダーに向かって
「あはははははははそれノリツッコミだあはははははは」
って言ってたような気がするんですが、その経緯は思い出せません。
-----------------------------
 
始まった曲のタイトルは「猫騒動」。猫の喧嘩の歌です。基本的にリードは酒井さん?(ネコ好きだから?←)とりあえず“ニャーゴニャーゴニャゴニャゴッ♪”とハモるゴスが新鮮でした。この“ニャーゴニャーゴニャゴニャゴッ♪”の合間に酒井さんの鳴き真似(怒った猫の鳴き声、フーッ!!という威嚇の声)が入ったりします。
 
村上:「猫騒動」、お送りいたしました。これ、80年前のアレンジ、ほぼそのままです。酒井の鳴き声のところと、ほんの一部、ハーモニーの部分を変えただけ。非常にエンタート性の高い曲だということが分かっていただけたかと思います。
 
ここで急に中村まことさんが再び登場!!
 
中村:ブラボー!ブラボー!ブラボー!!!大変素晴らしい!大っっ変素晴らしい!!(メンバー1人1人にキッス)いやー楽しませてもらいましたよー密航者の皆さん。
 
ガタッ!!となって中村氏に背を向ける5人。そう、ゴスマニアの皆さんならもうお分かりですね。アカペラ港の1シーン。以下、中村さん→船長、陽ちゃん→一郎、黒ぽん→二郎、ユタカさん→三郎、リーダー→四郎、酒井さん→捨吉と表記します。
 
船長:おーっと逃げないで逃げないで。まあ、逃げると言っても、見渡す限りこの大海原です。それにしても、今更あの大陸に渡って何をするおつもりです?遅い…遅過ぎる。オイシイところは全部、アングロサクソンの皆さんが持ってっちゃいましたからねぇ…せいぜい彼らの下で、皿洗いか、どぶさらいか、建設現場の下働きか、そんな仕事しか残ってません。
一郎:僕らは床屋を始めようと思ってます
船長:ほう…床屋で一旗上げようと。
二郎:腕には自信があるんですよ、本国じゃもう…大人気で。
四郎:俺は…ハサミを持ったこともない。
捨吉俺は…兄弟ですらない。
一郎:見逃して下さい!商売が軌道に載ったら…必ず、お礼をします。お願いします!
兄弟:お願いします!!!!
船長:ふむ…あなたがたの歌声に免じて、このまま入国させて差し上げたいところですが。私も仕事柄、不正を見逃すことはできんのです。
ただ、この航海中、熱病にかかって入国できなくなったお客様が4名おられます。その方々の入国証で、あなた方を入国させることができるはずです。ただし!!4名に限らせていただきます!!!
だれが帰国するかは、あなた方で決めてください…あははははは…あははははは…(舞台袖へ)
二郎:どうする?兄さん。とりあえず兄さんには行ってもらわないと…
一郎:いやまて二郎。仮に1人帰国させるとして、その1人はこの先どうやって生きていくっていうんだ?全員で引き返すってことも選択肢に入れないと…
三郎:俺は嫌だね。せっかくここまで来たんだ。一番使えないやつを返すべきじゃないか(四郎を見る)
四郎:ちょっと待ってよ…確かに俺は使えないけど、俺たち兄弟だろ!!
二郎:…一人を除いてなぁ…
捨吉:あ…やっぱりそうか…やっぱりお前は俺のことをそんな風に!(ナイフを取り出す)顔剃りのトラと呼ばれたこの俺がいないでどうやってあの土地でやっていこうっていうんだよ。俺は行くぜ…残るのは…ヘアウォッシュしか能がねえ四男坊じゃねえのかコラ!!
四郎:二郎にぃ!!(二郎の後ろに隠れる)
捨吉ガオオオオォォォォッ!!!!!(SEで虎の鳴き声)
三郎虎だ…捨吉が虎になったぞ!!
二郎捨吉考え直せって!なっ!?なっ!?
一郎捕まえろ!!虎を捕まえろ!!
 
「Tiger Rag」で捨吉を追いたてる床屋の4兄弟。曲のラストに向かって追い詰められる二郎兄さん…!
 
船長:ごめーんごめーんもうひとつ空きがあっt…(二郎を狙った捨吉のナイフが船長の肩に!!)
ここで、ステージ暗転。全員が舞台袖にはけます。そして再びスクリーンにロゴが。
 
 
「ぶらり ふれあい ゴスさんぽ ~仙台編~」
 
映し出されたのは仙台駅西口、ペデストリアンデッキの上に立つ酒井さんと、その左隣に合成された手書きの紫色のシルエット。その顔の部分は…
 
       村
  ▼       ▼
       も
       へ
 
酒井:みなさんこんばんは、酒井雄二です。「ぶらり ふれあい ゴスさんぽ」の時間がやって参りました。……村上!村上っ!
(隣りのシルエットに触ろうとするとシルエットが消える)
酒井えー今日は村上と二人で仙台の街を歩いていく予定だったんですが。村上は遅刻しております。新幹線に乗り遅れたそうです。しかも今日の予定は全部村上が練ってきてるから何もできないっていう…(苦笑)
 
シーンが移動用の車の内部に切り替わる、酒井さんが座席に座って左手にグラサンを持ってエアリーダーww
酒井:村上さん、仙台と言えば。(グラサンを自分の方に向けて軽く上下させながら)なになに?あー、ずんだ餅。他には?ごま摺り団子…
ここから車内の様子が早回しとなり「30分経過…」というテロップ。そしてシーンは仙台駅西口1階の出入り口に切り替わり…
酒井:先生!先生っ!!困りますよ~企画者が遅刻しちゃあ
キャリーバッグを引っ張りながら駆けつけるリーダー、ごま摺り団子を酒井さんに手渡します。
酒井:これ、ごま摺る方向間違ってますよねwww逆(酒井さん→リーダー)なら分かりますけどww
 
次に映ったのはアーケード(サンモール一番町)の一角。
Ca3h1067_2
村上:ゴスペラーズにとって思い出深い場所です、ライブハウスMACANA(マカナ)。1996年かな。僕らが仙台で初めてライヴをやった場所です。「マカナでライヴぅ~♪♪」って歌いましたね。
 
このままアーケードを北へ向かうようです。
村上:あっ!これっ!!
酒井:!!
リーダーが指さしたのは…写真の右下のこれ↓(隣の立て看板に「記念撮影にどうぞ」と書かれています。)
Ca3h1068_2
いーんじゃーんで、ほーい、あいこでしょ。
酒井さんが負けてこの笹かまの着ぐるみ着てましたww
村上:これだけ撮って帰るのは失礼だから…
そして店内に入って行く2人。
村上:買いました、笹かまぼこ、ずんだ入り。
酒井:僕はおとうふかまぼこを。
 
次にリーダーが注目したのは、アーケードと車道が交わる場所に設置されているポール。
Ca3h1112
村上これこれ、よく股間をぶつけるやつww
酒井:これねー!ジョギングで並んで走ってると前のやつがふと避けたりして。何かと思ったらそのまま…
村上:もうね、その日は1日戦意喪失よ。
 
さらにアーケードを進むと…
村上:仙台フォーラス。
酒井:綺麗になったねー!
Ca3h1069_2
酒井(?):昔、このフォーラスの最上階のホールで歌ったことがありますね。
 
広瀬通りを越えまして定禅寺通り方面へ
村上:ちょっと待ってて。
酒井:えっ…
リーダーの視線の先には…
Ca3h1070_3
店内へ吸い込まれていくリーダー。
酒井ちょっとカメラさん、決定的瞬間を撮ってください。村上は街でドトールを見つけると必ず入るという都市伝説があるんですよ。あれは本当でした。
 
アーケードの最北端、定禅寺通りへ。
Ca3h1072_2
村上:定禅寺通り。光のページェントで有名だね。有名なイルミネーションで神戸ルミナリエ、丸の内のルミナリエってあるけど、俺は光のページェントが一番好き。
客席:拍手!(嬉しい!)
酒井:あぁそう。ちなみにどっちかミレナリオだった気がするけどww
村上たぶん正解は今頃画面に出てると思うwww
ちなみに丸の内ルミナリエではなく、東京ミレナリオだそうですw(ちゃんとテロップが出た)
酒井:俺もGosTVに載せる用に光のページェントの写真を撮りに行ったことがあるんですが、よし!撮り終わった!って思った瞬間に照明が消えたんですよ。
村上:それ、寂しいやつだ。でも消えた瞬間に立ち会うっていいよね。
酒井:そのとき周りの人たちが「おおぉ」って。その寂しい感じが好きなんですね。昔からお祭りは後の方が好きなので。
 
ここで画面が切り替わり、移動中の車内へ。
酒井:村上が行きたい場所があるということで、市街地を飛び出してみました。
村上:実は俺も行ったことがないんだよね。
酒井:まあそれこそが村上主催の「全国お楽しみ隊」の真骨頂というか。
村上:仙台と言えばね~忘れはしない2001年の作並温泉。ちょうど七夕のシーズンで。
酒井:ちょうど俺ら、次にヒットが出ないともう後がないぞって時にね。旅館に笹が飾ってあって。子供たちが無邪気な夢を書いている横で、俺は「ヒット!と。
村上:(笑)
酒井:そした安岡も「ヒット」って書いてたんだよねww素晴らしいことです、同じグループのメンバーが同じ方向を目指しているなんて。
 
すると目的地が近くなってきた模様。
見えた!!でっけぇ~!!!
 
フロントガラスの向こうに見えるのは真っ白な仙台大観音!!(私も行ったことは無いので写真はありませーん\(*'ω')/ここからは私の乏しい語彙での説明になります←)
 
仙台観音の中へ入って行く2人。入口は観音様の足元の龍の口。
村上:この観音様、飛んでるんだね。
酒井:なるほど、龍に乗って。今まさに我々は龍に食われたわけですね。
仙台観音の中には十二支それぞれの神様が祭られていています。ということで、それぞれの干支の神様に向かってお願いをる事に。まずはリーダー。干支である亥の像の前で何をお願いするのか…?
 
村上健康!!
 
続いて酒井さんの干支である子。なんか像の前で2人で「マウス!」とか「ラット!」とか言ってましたが。そんな酒井さんの願い事は…
 
酒井ヒット!!
 
上を見上げると吹き抜けになっていて、壁伝いで階段が螺旋状に伸びています。その螺旋階段の端にずっと電球が飾られてていて、その様子はさながら「光のページェント!!(by 村上)」らしいです。(こちらを参照していただけレバー→ http://www.sentabi.jp/guidebook/attractions/view/76)
他にも「こんなところにあったんですね…(by 酒井)」と言いながら、「登竜門」と書いてある狭い入口の奥深くに入って行って行き止まりの壁に激突する酒井さんが映っていたり。
 
さらにあるフロアでは布袋様のお腹をさするリーダー。
酒井布袋さん…イギリスに行かれたと聞いていたのにこんなところにいらっしゃったんですね。自分が健康になりたい部分と同じ部分を触ってくださいだそうですが。村上はお腹…ですか?
村上最近胃が痛くてね…
 
一行はエレベータで最上階へ。小さな覗き窓から景色を見渡すと…
村上一応景色見たときのリアクションを用意してたけど、これは予想外だった!駐車場とゴルフ場って!!!
 
そして、お土産屋さんでミニ観音様を選ぶリーダー。酒井さん曰く、リーダーはこういうところに来ると必ずお土産としてこういうものを買うそうです。「(観音様が手に持った球から)ビームが出そう」とか言ってましたね、リーダーw
 
最後のシーンは仙台観音をバックに、リーダーと酒井さんが階段に並んで座り、ゴスさんぽを振り返るというものですた。何をしゃべったかは覚えてません!スミマセン!!!!
エンディングでは前回のファンの集い@仙台の「ゴスペラーズの作り方」で作られた「I'm a ズンダガール」の一部が流れていました。
 
 
ムービーが終わると、ステージが明るくなり5人が登場。リーダーはミニ観音様(20~30cmくらい?)持参で!
村上:これね、普通もっと小さいサイズが売ってるような気がするんだけど、四千円のやつか三万円のやつしか売ってなくて。
酒井:まあ四千円か三万円かって言われたら四千円を選びますよねぇ
村上:ちなみに今、四万円のやつ値下げしてます。一万八千円くらい。(仙台観音に行った時?)聞いた話だと、人間の煩悩の108つのうち表に出るのは10だけだそう。でも、隠れている98の煩悩すら消し去ろうと。
安岡村上さんの場合、108つじゃなくてもっと煩悩ありそうですけどね。1080とか。
北山(?):10倍かよ!!!
村上:えーあと、ライヴハウスMACANA。懐かしいですね~ちなみにその当時のライヴに来て下さってた方とかいらっしゃいますか?
(お客さんの中にちらほらいらっしゃいました!!)
村上:おおーありがとうございます!!これはもう、その人たちに拍手ですよ!
(会場から拍手!)
酒井:こんな風にゴスさんぽ、その土地その土地で毎回作成しています。今夜は仙台編ということで。ズンダガールも久々に聞きましたね!
村上:あれは前回の仙台のファンの集いで、ゴスマニアの皆さんから募った作曲のテーマに基づいて我々が作曲するという企画で作られたものですね。確かテーマが「レディーガガ」だったんだよな!
 
話題は先ほどカバー曲を歌ったJIVEさんのお話。「デビュー前にお世話になった」とは?
村上:JIVEさん、僕らのデビュー前にお世話になったって言ってたんですけど。JIVEさんは谷村新司さんのバックコーラスをやってらっしゃって、JIVEさんが出演できないライヴのバックコーラスで、代理として僕らを推薦して下さったんです。
客席:あーー…(話が見えた人多数wなリアクション)
村上:で、俺と黒沢はそのリハーサル日に大遅刻。
安岡:それでクビになっちゃったわけですねー。
村上:まあ当然のことなんですけど(苦笑)
安岡:ライヴ当日に遅刻されちゃ困りますもんね。
村上:谷村さんにご迷惑をかけたのはもちろん、JIVEさんの顔に堂々と泥を塗ってしまったわけです…
安岡それでもまだ遅刻していると。
村上……人間っていうのはねぇ…(仰々しく観音様片手に演説)
(「観音様持ってるともっともらしく見える」「新興宗教みたい」と他のメンバーから思いっきりツッコミ)
リーダーが演説をやめて観音様を置いたのはバリさんのターンテーブルの隅。
酒井:それ、観音様回るんじゃないんですか?
バリさんがスイッチを入れると観音様がその場で回転(したらしい←見えなかった)
酒井:ごめんバリK~ん、もういいです(苦笑)
 
北山:さて、今回のファンの集い、最初から盛りだくさんだったわけですが。まずはあれですね、DJ涙香とDJK2の共演!
客席:(拍手!)
北山:なんか毎回黒沢さんのDJパフォーマンスはハラハラしながら見ちゃうんですよね(笑)そして中村まことさんに出演していただいた「ミュージック・トゥモ~ロ~」とアカペラ港の再現。
村上:「トゥモ~ロ~」は「モ~」って伸ばしてくださいね。
北山:でも実はこれだけじゃなくてですね、今回は新しいシステムを導入しているんです。僕らの声に連動してスクリーンに映される映像が変化するという。
このときスクリーンに映されていたのは5人それぞれの顔。メンバーが喋るとその音量に合わせて顔が大きくなったり小さくなったり。
安岡:今は我々の声の大きさがそのまま顔の大きさになると。
酒井:は は は は は は は は は
村上:ぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおお!(マイクをだんだん近づけていく)
↑新システムで遊ぶ長身組www
北山:これ実は、今だけじゃなくてライヴの最初から導入されていて
酒井気付いてたぜ、って方もいるでしょ!?
北山:「約束の季節」で背景の色が僕が歌ってる時、黒沢さんが歌ってる時、リーダーが歌っている時で違ったり。あと「Tiger Rag」で虎の縞模様の太さが変わったり。
酒井気付いてたぜ、って方もいるでしょ!?
北山:気付いてたぜ、って方もいらっしゃると思いますが(笑)これからはこのシステムにも注目して楽しんでください。ここからは灼熱の後半戦、みんな準備は良いかー!!
 
「STEP!」「ギリギリSHOUT!!」とアップな2曲が続き、次は「一筋の軌跡」!「この曲は最初から最後までみんなで歌ってくれー!」というリーダーの煽りで会場みんなが大合唱!サビの♪ひとーつになるのさ ではリーダーが観音様を掲げておりましたwwそしてゴスマニアの皆さんは軽々とフルコーラス歌いきったのでリーダーから「ゴスペラーズよりもゴスペラーズの曲に詳しい皆さんに拍手!」と言っていただけました♪(*´ω`*)
 
そして、最後にメンバー全員から挨拶が。
北山:…楽しかったね!!!今日はみんなのエネルギーでいっぱい声が出ました!!みなさん、帰ったらゆっくりお風呂に入って、足とかほぐしてくださいね。
安岡:僕もいっぱい出ました…声がね。このファンの集いで僕らの歌が、僕らのものだけじゃなくてゴスマニアの皆さんのものにもなってるってことを、実感することができました。
黒沢:今日の皆さんの声援で「俺も頑張って歌わなきゃ!」って思えました。それにしても最初のDJ部分…なんであんなキャラ(DJ中の仕草がかわいいと話題)になってしまったんだっ!レコードを交換するときはちゃんとテーブルを止めてからっ!!
酒井:えー、まずは柱の裏の方々にご挨拶を。どうもー!(Rensaの会場には柱が2本立っているのです)疲れましたか、疲れますよね。スタンディングしんどいってお便りもたまに頂くんですよ。そういう前にお前らが足腰を鍛えて来い!これで長時間の台所作業も平気に!!なんて、僕も最近腰がアレなんで人のこと言えなんですけど(苦笑)
村上:仙台仙台って言ってるけど、今日の集いには東北全土から来てくれてると思います。ここRensaで集いをやるのは今回が初めてで、前にも復興支援イベントでナオト・インティライミくんと一緒に出演したことがあるんですが。その思い入れのあるRensaで集いが出来て良かったです。僕ら、東北でのライヴはお客さんの反応がとても良くて大好きなんです。きっとその発火点になってくれているのがゴスマニアの皆さんだと思っています。今年もツアーをたっぷり用意してますんで!楽しみに待ってください!
 
本編最後の1曲は「言葉にすれば」でした。
 
 
<<アンコール>>
ステージに譜面台とマイクスタンドが設置され、何があるかと思いきや…
ゴスペラーズ+中村まことさんがギターやウクレレを持って登場!!
ゴス:アンコールありがとうございまーす!!
村上:せっかくのアンコールは中村まことさんと一緒に歌おうと思いまして。
中村:今回、あの5人にキスする場面で久々に安岡くんの汗を舐めました…
安岡でも意外としょっぱくないでしょ!?僕の汗は100%天然の塩水ですから。
村上:中村まことさんは「猫のホテル」という劇団に所属しながら、「罪と罰」というフォークデュオとしても活動してらっしゃるんですよね。
中村:主に中学2年生から支持されています。
安岡ラヴソングの中でも下ネタというジャンルで人気なんですよね!!(笑)
 
というわけで、アンコール1曲目は6人で弾き語りをしつつ井上陽水さんの「夢の中へ」をカバー!中村さん、よいお声をされていました!!黒ぽんはウクレレやってるし、ユタカさんはギター、陽ちゃんもギタレレを弾いてたから大丈夫だろうけど、残り2人はどうだったんでしょう…よく見えませんでしたわ(´・ω・`)
 
酒井全員がギターを持って出てくるという、出落ち感ね!今回はこれを狙いましたーー!!!!
ここで中村さん、上演予定の舞台を告知し一足早く舞台袖へ。そして満杯のお客さんをバックに記念撮影!!ちなみに撮影の合図は「6-4は?\2(にー)!!/」「膝は英語で?\knee(ニー)!!/」写真は次のゴスマニア会報に載るらしいです!楽しみー!!
 
村上:中村まことさん歌うまいねー!中村さんが歌う曲って他はどんなの?歌詞はそれとなく下ネタなの?
安岡:結構直球の下ネタですね。
(このあとトーク若干ぐだぐだに…そしてそのまま最後の曲を歌う流れに)
村上:では最後は、前回のツアーで人気だったあの曲を。
 
アンコールの最後は「Love me! Love me!」。スクリーンには酒、黒、村、安、北に対応して上から赤、黄、緑、青、紫の横線が並び、歌う度にその線が揺れていました。(色と各メンバーの対応は曖昧←)
 
歌い終わるとゴス+バリさん6人でご挨拶。発声はバリさんでしたー!
 
こうして仙台でのファンの集いは幕を閉じたのでした。
 
 
♪おまけ
ライヴ終演後、ロビーに等身大パネルが設置されていました。薄暗い場所だったのでうまく撮れませんでしたが…↓
Ca3h1064_2
 
ファンの集いに参加したのは3回目でしたが、今回もゴスマニアが喜ぶような企画をたくさん用意してくださっていたなぁと感じました(*´ω`*)毎度毎度のことですが、やっぱり…
ゴスマニアで良かった!!ゴスペラーズが大好きだ!!

« FOR FIVEレポ@仙台 | トップページ | SOUL POWER SUMMIT 2013レポ@国フォ2日目 »

コメント

こんばんは。初めまして。

通りすがりのゴスペラーズ好き、つむぎと申します。

私も、集い仙台に参加しました。楽しかったですね♪

とても詳細なレポですね!
記憶がよみがえってきました。ありがとうございます(^^)

川柳の件ですが、確か「雪合戦 私の好きも 投げてやる」だったかと思います。記憶あやふやですが(^^;)

それでは、突然のコメント失礼しました<(_ _)>

つむぎさん

こんばんは!こしずです。ご訪問いただきありがとうございました♪(*´∀`*)
ファンの集い、企画が盛りだくさんで本当に楽しかったですね~!!
つたないレポですが、少しでも集いを思い出すお役に立てたのなら幸いです。

そして川柳の件、それです!!それでした!!
あ~頭のモヤモヤがスッキリしました~!(笑)
どうもありがとうございます!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FOR FIVEレポ@仙台 | トップページ | SOUL POWER SUMMIT 2013レポ@国フォ2日目 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

連絡掲示板

無料ブログはココログ