« SOUL POWER SUMMIT 2010 2daysレポ 前編 | トップページ | ありがとう100,000Hits!!! »

2010年10月 3日 (日)

SOUL POWER SUMMIT 2010 2daysレポ 後編

こちらはSOUL POWER SUMMIT 2010 @日本武道館2daysのライヴレポートの後編です。

これでライヴレポ完結でございますーヽ(´▽`)/

後編では久保田利伸さんとゴスペラッツのステージ、そしてアンコールのレポートをお送りいたします。

ライヴ参加から日が経ち過ぎて記憶が定かではありません。曖昧な記憶:主観的感想=6:4の比率です&ときどき敬称略だったりします。ご了承ください。長いには長いんですが内容は大したことが書かれていないので「まあ、こんなもんかな~」くらいの気持ちで読んでいただけると嬉しいです。

ついて来い!カモン!ジャンプ!!

 

 

 

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆

   SOUL POWER TOKYO SUMMIT 2010

    2010.09.24 & 25 @日本武道館

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆

 

「FIVE KEYS」後、Talk boxにて「Dance, If You Want It」が流れ始める会場。いよいよ久保田さんの出番が近づいていたということでしょうか!?ここでBro.KONE氏と多和田えみさんなどなど、ここまでの出演者のほとんどをステージに呼び寄せ、会場はヒートアップ!ステージ上も客席も盛り上がったところで、あの人の名前が呼ばれます。

Toshinobu Kubota!!!

 

♪久保田利伸

久保田利伸さんがさっそうと登場!「TAWAWAヒットパレード」へ!客席も手振りで大いに盛り上がりました。そして25日は酒井さんのテンションがもうすごかったです。曲中では久保田さんと客席でコール&レスポンス!「Party!!」とか「SOUL POWER!!」から始まり、トトトン、トトトン、トトトン、トトトンというドラムの口マネまで。するとBro.KONE氏と久保田さんが誰かを探すように客席を見回し…

KONE:あ、高田く~ん!!

久保田&KONE:高田君!高田君!高田君!高田君!←ドラムの口真似のリズムで。

これと似たようなことを「田中君」とか「多和田さん」とかで何度かやってました(笑)曲が終わると久保田さん以外は舞台袖へはけて、その代わりに女性2名、男性1名のバックコーラスの方々がステージへ。久保田さんが軽く挨拶を済ませた後、始まったのは…

 

♪まわれ ま~われメリーゴーランド もうけして止まらないように…

 

「LA・LA・LA LOVE SONG」!!会場からも大歓声!!こちらも手振り付き。今回あまり予習できなかったので知ってる曲歌ってもらえて本当に嬉しかった…!!

ここで久保田さんがSOUL POWERに出演することになったいきさつを説明。過去にも何度かオファーはもらっていたものの、スケジュールが合わず、なかなか出演することができなかった久保田さん。今年の春、マーチンさんから電話があり、食事に行くことに。以下、久保田さんによる再現。(マーチンさんのモノマネ、似てました)↓

鈴木:久保田お前…(SOUL POWERに)そろそろ出ろよ。

久保田:…あ、はい、出させていただきます!!(お辞儀)

鈴木:関係無いけど俺…今年30周年なんだよな。

久保田:…おめでとうございます!!(お辞儀)

久保田さん曰く、これだけだとマーチンさんがすごく怖い人っぽいですけど、本当はすごくいい人だそうです。

せっかくのSOUL POWERということで次はカヴァー曲を。「せっかくだからTAKEちゃんも歌おうよ」「せっかくだから黒ちゃんも一緒に歌おうよ」ということで、TAKEさんと黒沢さんもステージへ。バックコーラスの方も入り、計6名でベビー・フェイス作曲の「In The Mood」を。まずは練習ということで、アカペラで一節を披露。これがもうすごくて。既に鳥肌モノ。ゾワッっとしましたよ。久保田さんも「これ、練習じゃなくてこのまま歌に入ればよかった(笑)」というくらい。練習が終わり、「じゃあTAKEちゃんはこのまま下のパートで、黒ちゃんは上ね。」とハーモニーを確認し、本番へ。これもコテッコテにディープでソウルフルなアレンジでしたlovely

TAKEさん、黒沢さん退場後、月9ドラマの主題歌でお馴染みの「LOVE RAIN~恋の雨」を歌い、久保田さんのステージは終了します。

 

♪ゴスペラッツ

(2日間のライヴで話した内容はほぼ同じですが、基本的には25日のライヴを軸にレポを作成して行きます。)

暗くなったステージにはマイクスタンドが5本。そしてゴスペラッツの5人が登場!!揃いの黒の燕尾服がキマってます!ちなみに酒井さんはリーゼントではなく、オールバック!5人全員マイクに入ると…

♪だからってなぜ… 嘘じゃないのよ…

ゴスペラッツの1曲目は「まさか赤坂Show Time」!かっこよかったです~!客席には白い手袋がちらほら(私含む)。みんなで振付を踊れる曲が多いと楽しいもんです。

1曲目が終わるとマーチンさんが話し始めます。

鈴木:このSOUL POWER SUMMIT、第5回の大トリは!

 

…。

 

桑野:え!あっひ鳳啓介でございやす! ポテチン☆

 

鈴木:…お前それ、5年前にもやってたぞ。

桑野:へっ、そうでしたっけ。(苦笑)

 

鈴木:え~改めまして。このSOUL POWER SUMMIT、第5回の大トリは!

 

…。

 

桑野:マリー・アントワネット!愛~♪愛~♪あ~い~♪

 

鈴木:誰それ。

桑野:鳳蘭。

 

…と、5年ぶりのネタも飛び出しました(笑)ここで24日は5人それぞれの紹介が入っておりまして、マーチンさんと同じく30周年の佐藤さん、「谷啓さん亡き今、芸能界を代表するトランペッター(マーチンさん談)」の桑野さん(紹介された後、「ガチョ~ン」って言ってました。)、「黒塗りすると人格が変わる(マーチンさん談)」酒井さん(笑)、「日本ソウル界の中間管理職」こと、村上さんがマーチンさんによって紹介され…

村上:そして、我々のボス!今年、30周年を迎えられました、本当におめでとうございます!!鈴木雅之!

客席:(拍手喝采)

鈴木:ありがとうございます。皆さんに30周年を祝ってもらえて、私、鈴木雅之…(感極まった仕草をして)冠次郎でございます。

一同ズッコケ!!(笑)

酒井:そこで「感無量」って言ったら感動的なのに!!!(笑)

とまあ、24日はこんなやりとりがありまして。以下は24日、25日ともほぼ同じ流れです。

 

鈴木:では、ここからライヴの進行はペッツの二人に任せようと思います…

ここで佐藤さん、マーチンさん、村上さんが後ろに下がります。え、まさか、ペッツって…(笑)

 

桑野:はい、みなさんこんばんは~!

酒井:こんばんは~!

桑野:私たちが…

桑野&酒井:ペッツ!!(ポーズつき。まあ、「ゲッツ!」に近いもんだと思っていただければ)でございますよ~

酒井:え~何故「ペッツ」なのかと申しますと、ゴスペラッツは5人ですからね、それぞれのメンバーに「ゴスペラッツ」の文字をあてはめてみたところですね、私が「ペ」で…

桑野:そして私が「ッツ」ということになりまして。二人合わせて…

桑野&酒井:ペッツ!!

酒井:というわけでございますね~!!2人ともトランペット吹きますしね。はいでは皆さんもご一緒にッ!

一同:…ペッツ!!

酒井:いや~それにしてもSOUL POWERは今年で5回目ということで!おめでたいことですよね~そこでぽくぽくぽくぽくチーン!整いましたああぁぁッッッ!!!!(挙手)

桑野:おお!整いましたか!

酒井:ゴスペラッツと掛けましてぇっ!!

桑野:ゴスペラッツと掛けまして。

酒井:新婚夫婦とときますッ!!(←25日ver.。24日は「長年寄り添った夫婦」だったような…私の記憶違い?)

桑野:新婚夫婦とときますその心は!!

酒井:美しいハーモニーがすべてですshine

客席:(拍手)

桑野:うまいなぁ。よし、後輩に負けていられないからな…

酒井:よろしくお願いします、師匠!(←…師匠?)

桑野:よし!整いました!!ゴスペラッツと掛けまして!

酒井:ゴスペラッツと掛けまして何ととく!

桑野:若い女の子をかこっているオジサンとときます。

酒井:若い女の子をかこっ…な、なんですって!?(笑)

桑野:だから、若い女の子をかこっ…あれ、俺なんか変なこと言った?

酒井:いやいやいや…!!(焦)

桑野:だから、「若い女の子をかこっているオジサン」とときます!!

酒井:若い女の子をかこっているオジサンととく、その心は!!?

桑野:どちらも世代を超えてうまくやっている。

客席:(爆笑)

酒井:さすが!さすがです!!

桑野:酒井くんも、だいぶこっちの世界に入り込んできたね~。来年あたりバカ殿に出させてあげよう。

酒井:えぇっ!本当ですかぁっ!!?

桑野:いやいや、酒井くん、半々でいいんだよ。こっちの世界も、歌の方も。

酒井:ああ、半々ってそういうことですか!私はてっきり顔のこっち側(右半分)は黒く、こっち側(左半分)は白く塗るっていう意味だと思ってましたぁッ!

 

酒井:え~そろそろ喋りだけでなく、歌で皆さんを楽しませようと思いますが、我々ペッツがリードボーカルのあの曲行っちゃいましょうかねぇ~!!(ニヤニヤ)

客席:!!!!(歓声)

桑野&酒井:Valentine Kiss!

久々のナマValentine Kiss!!(゜∀゜*)この曲大大大好きなのでありますheart04歌い終わると再びマーチンさんが話し始めます。

鈴木:おい、村上!

村上:はい。

鈴木:ゴスペラッツ、SOUL POWER初回以来の大トリを任せられたわけですけど…

 

桑野:トゥース!!!

 

このギャグで酒井さん、マジごけ!!ステージに倒れ込んでました。

鈴木:それはオードリーだろ!!

客席:(爆笑)

鈴木:構わず突き進もうと思います。

25日はここで酒井さんのところにスタッフがダッシュでなにかを渡してステージを去っていきました。あれは一体何だったんだろう…。そしてその間、村上さんは酒井さんが先ほどマジごけしたときに落ちたゴミを拾っていました(笑)

鈴木:(ゴミ拾い中の村上さんに気付いて)村上、俺はお前に話をしてるんだけど(笑)

村上:……はい。

鈴木:今年、SOUL POWERに出るにあたって、ゴスペラッツで新曲をやろうと。それで、何をやろうかって村上にメールしたんですよ。

村上:…すごいんですよ、デコメが。メールを開くとそこらじゅうでちょこちょこ何かが動いてて。メールの下の方になるともう絵文字が止まったままになっちゃったりして(笑)

鈴木:普段の村上からの返信は「了解しました。」みたいに文字だけなんだけど、ある日デコメで返してきまして。しかも自分の。サングラスをつけたりはずしたりする(笑)

村上:マーチンさんのそのメールに対する返信が「お前の初デコメ嬉しかったよ」だったんですよ(笑)

…で。このあと、マーチンさんと村上さんによる、これから歌う曲の説明があったので要点だけ申し上げますと、ゴスペラッツをやる際に、「福生に住んでいる(村上さん談)」ナイアガラこと、大滝詠一さんにそのことを伝えるとお墨付きを頂いたそうで。そしてその大滝詠一さんの「モンスター級のアルバム(マーチンさん談)」の「A LONG VACATION」が来年でリリース30周年ということで、そのアルバムの収録曲をゴスペラッツでカバーをしようということになったそうです。それがこれから歌う「Pap-Pi-Doo-Bi-Doo-Ba物語(ストーリー)」。

客席に手拍子のリズムを覚えさせて(25日は客席のリズムの刻み方が一定で村上さんも満足げ。「昨日は(同じように客席に手拍子させたら)走りましたからね!(笑)」←“走る”ってのはリズムがどんどん早くなるってこと)早速スタート!

「Pap-Pi-Doo-Bi-Doo-Ba物語」のリードはマーチンさんと村上さんでした。素敵にカバーされてましたよ~!そのままMoonglowsの「Sincerely」をカバーして披露!曲冒頭のアカペラコーラスはゴスの「JOIN 2 JOYS」の冒頭のアカペラと同じでしたよ!続いて「時間飛行」へ。24日にマーチンさんがおっしゃってましたが、「時間飛行」を歌うことをSOUL POWERで歌うことを提案したのは酒井さんで、それを軸に歌う曲を決めていったそうです。

ここからは80年代のラッツ&スターの名曲の数々を披露!!「憧れのスレンダーガール」に「トゥナイト」!「トゥナイト」の間奏では酒井さんが「ここから見ると、白い手袋がいっぱい見えるぞー!!(24日ライヴにて)」と楽しそうに叫んでました。そして最後に「ハリケーン」!!バックバンドのホーン隊やギターの方々も演奏しながらダンスしてました!客席も一体になって大熱狂の中、ライヴ本編はこれで終了します。

 

♪アンコール

ゴスペラッツの「ハリケーン」(CD音源)とともに武道館の大型ビジョンに映されたのは、第1回から第4回までのSOUL POWERのダイジェスト映像!過去の貴重な出演者の数々に客席からも時折歓声が上がります。すると最後に映し出されたのはマーチンさん30周年の記念ロゴ。

ここからは、SOUL POWER出演アーティストたちによるマーチンさんの名曲カバーメドレー!!まずはTAKEさんの「さよならいとしのBaby Blues」、次が黒沢さん、北山さん、安岡さんによる「恋人」。黒沢さん、マーチンさんになりきってサングラスで熱唱です!そして武田と哲也(いつもと同じ、花柄シャツにデニムという出で立ち。)による「もう涙はいらない」。歌い終わると哲也が切り出します。

哲也:母ちゃん、

武田:なんや。

哲也:この曲って…ジェ、ジェ、ジェ…

武田:哲也、もうええんや。この曲はな、鈴木雅之さんの曲や。

マーチンさんが登場!「ガラス越しに消えた夏」へ。歌い終わると…

鈴木:デビューして30年、嬉しいことやつらいことも多々ありましたが、今は音楽の神様に感謝しています。今日は、私に音楽の楽しさを教えてくれた大切な人が来てくれています。my soul sister, 鈴木聖美!!!

なんと!マーチンさんのお姉さん、鈴木聖美さんがBro.KONE氏とともに登場!!ちなみにこのときのBro.KONE氏の衣装、24日がグリーンのスーツ(ゴスとかぶってた)、25日は白のジャケットでズボンが黒でした。

マーチンさんのお姉さんが出てきたからにはこの曲しかないでしょう、「ロンリー・チャップリン」!!これをマーチンさん、Bro.KONE氏、鈴木聖美さんの3人で共演!お姉さんの生声は本当にゾクゾクっとするくらい格好良かったです!あんな風に歌えたらなあ…!!lovely

最後にステージに久保田さん以外の出演者全員がステージに上がり、ゴスペラッツを中心に名曲「め組のひと」を熱唱!バックの出演者もみんなでソウルステップ♪ペラッツのメンバー以外もかわるがわるリードを取ってゆきます。Rhymester(25日はBro.KONE氏)によるラップも織り交ぜられていたり。そのまま「ランナウェイ」へ。ここで久保田利伸さんもステージへ登場!!久保田さんの歌う「ランナウェイ」、新鮮でしたが、これも素敵でしたよ!こちらでも出演者全員がリードを歌い継ぎ。客席も大盛り上がりのままSOUL POWERはフォナーレへ!!

…と、24日はこれにてライヴはすべて終了したのですが!25日のライヴにはスペシャルなサプライズがあったのです!!!

 

 

Bro.KONE氏と村上さんが中心となって30周年で先日お誕生日を迎えたばかりのマーチンさんにサプライズを企画。マーチンさんに花束が贈呈され、出演者全員で「♪Happy Birthday~」と。客席からもBro.KONE氏が音頭を取ってみんなで「おめでとーう!!」

KONE:サプライズで何をやろうかって考えた時に、せっかく俺とマーチンがいるんだったらコック・マック・アンド・ノッキーだろ、って思って、(木梨)憲武に電話したんだけど、スケジュールが合わなくて今日は来れないって。

客席:あああぁぁ…down

KONE:そしたら、アメリカから、マーガレットっていう女から電話があって。今日来てくれるっていうんだよ~!!

 

するとステージに…

 

 

谷島美容室でお馴染み、マーガレットが登場!!!Σ(゚□゚(゚□゚*)

 

そしてマーチンさん、Bro.KONE氏、マーガレットの3人で「可愛いひとよ」を。マーガレットの美声が武道館に響きました(笑)KONE氏曰く、このサプライズのため、マーガレットがマーチンさんと鉢合わせしないように、かくれんぼが大変だったそうです(笑)マーガレットも「今日、午後4時ニ、ワキ毛剃リマシタ」と両腕を上げてアピール(笑)大爆笑の中、最後の挨拶へ。

村上さんによる、バックバンド(今回は4時間、ずっと交代なしのワンバンドでの演奏だったそうです!)、出演者全員の紹介が行われ、最後はアーティストとバンドメンバー全員で手をつないで挨拶!

こうして記念すべき第5回のSOUL POWER SUMMITは幕を閉じたのでした…

 

*SOUL POWER SUMMIT 2010 2daysレポ 後編 おわり*

« SOUL POWER SUMMIT 2010 2daysレポ 前編 | トップページ | ありがとう100,000Hits!!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SOUL POWER SUMMIT 2010 2daysレポ 前編 | トップページ | ありがとう100,000Hits!!! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

連絡掲示板

無料ブログはココログ