« ソウルの祭典終演 | トップページ | 20年分の「ありがとう」を込めて »

2009年9月29日 (火)

SOUL POWER 2009レポ@武道館Final

気がつけば、長い長い夏休みもあと1日。過ぎゆく夏を惜しみながらのレポートです。お待たせいたしました。

今年もアツいソウルの祭典が武道館に帰ってきました。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

 SOUL POWER TOKYO SUMMIT 2009

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

今回は生まれて初めてファイナル公演というものに参加いたしました!!やっぱりファイナルって盛り上がるんですね!チケットもソールドアウト!前日のSOUL POWER TOKYO SUMMIT1日目よりも45分長い4時間15分の公演を頑張って思い出してレポートいたします。

ちなみに私は1階南東H列。東側のスクリーンやSOUL POWER恒例特大ミラーボールはせり出した2階席に覆われてほとんど見えませんでしたが、ステージはちゃんと見渡せましたよ!でも、やっぱり音響はいまいち…THE☆FUNKSのあたりは、ほとんど何言ってんのか分からない状態でした…weep

…で、レポを書いてみたものの、予想以上に忘れてます。楽しすぎたのと、長過ぎたのと、出演者が多すぎたので、いつ何がどういう順番で起こっていたのかがいろいろと曖昧です。適当にごまかしてます(笑)しかも、あとの方になるにつれて、集中力が切れ、文章がテキトーになって行くのが分かると思います…(苦笑)相変わらずつたない文章のため長くて読みにくいレポになってしまいましたが、よろしくお願いします…

 

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆

17時30分、開演時間ぴったりに客席の電気が消え、いよいよSOUL POWER TOKYO SUMMIT 2009、最終日の幕が開きます…

♪THE☆FUNKS

バンドの方が客席に「ドン・ドン・チャ!」(We Will Rock Youのリズムと同じ)のリズムを刻ませ、「THE☆FUNKSのテーマ」が始まるとともに華麗に登場したのは、安岡さんに似ていると評判の(笑)兄、ドリー・D(ダイヤ☆モンド)・ファンク・ジュニアと、弟のテリー・D(ダンス☆マン)・ファンク。

お兄さん、弟さんよりちょっと小さめ。この身長差がなんだか微笑ましい…(笑)そしてお兄さん、すでに汗だく(笑)ついでにお兄さん初っ端から腰動き過ぎ!!地球人を挑発するようなお兄さんの挨拶に弟のダンス☆マンが「『みんなに会えて嬉しい』と言っています。」と通訳。(本当かいな?)

続いて「じぃーじ・ばぁーば」「夏の恋は無礼講」。ここでは歌いながら光るボールを客席に投げ入れます。「じぃーじ・ばぁーば」では、途中で某ゴスペラーズの「永遠に」より、「♪あなたの風になって すべてを包んであげたい」のフレーズが入っていました(笑)歌い終わるとステージ中央でポーズをとりながら…

ドリー:今後、ライヴの予定は、ありません。

テリー:CDデビュー予定は、ありません。

ドリー&テリー:生写真付きうちわ、発売中☆

この言葉を言い残し、THE☆FUNKSは去ってゆきました…

 

♪Skoop On Somebody

「ソウル・リヴァイヴァー」でソウルフルに登場いたしました、TAKEさん。続く「Nice'n slow」ではNY仕込みのサックスで「ひとりニューヨーク」と称されている方とセッション。原曲よりテンポ遅めでスイートでしたlovely

ここからはちょっとしたMC。

TAKE:今年、初めてバラードを集めたベストアルバムが出るんです。濃すぎるから10曲前後でおさめようとしていたんですけど、曲を選ぶとき「この曲もええなぁ~」「あ、この曲もええなぁ~」「こんな曲もあったなぁ~」ってやってるうちに…

KO-ICHIRO:27曲収録で、2枚組になってしまいました。

TAKE:1枚目が昼用で、2枚目がね……夜用です。

TAKEさん曰く、「音楽は“使うもの”」。人生は自分が主人公。その人生の場面場面に音楽を使っていくんですって。な…なんて良い言葉なんだ…!!!

そして、映画の主題歌にもなっている「椛~momiji」(新曲)と、「Key of Love」(この曲、良い曲でした~weep)でSOSの出番は終了です。

 

♪ZOOCO

「Love Power」で登場したZOOCOさん。白の衣装が素敵です!昨年のSOUL POWERはJAYE&ZOOCOとして、一昨年はSOSのTAKEさんとのセッションで、そして初回ではSOYSOULの一員として…と毎回濃ゆい(笑)メンバーとともに出演してきたZOOCOさん。「今回は一人でもあの濃ゆいメンバーに負けないように頑張ります」と抱負を語り、ニューアルバムの告知。

そのアルバムからゴスペラーズの安岡さんが作詩をした、「世界が終わる前に」を披露していただきました!「人は、抱きしめるために翼をなくしたんだ」という安岡さんらしい内容の歌詩でしたよ。

そして3曲目は「二人のラヴ・ゾーン」を村上涙香さんと一緒に。手で作った「L」の字で会場中が埋め尽くされておりました。

 

♪藤井フミヤ

「Time Limit」「女神(エロス)」では素早いマイクスタンドさばきと、まるでマイケルジャクソンのような華麗な足さばき!!非常に格好いい!!若い!!(笑)ニューアルバム「F's CINEMA」から奥田民生さんからの提供曲「嵐の海」を披露すると、ここからはSOUL POWERならではのセッションのお話へ。

何年か前の夏イベントにて。ゴスペラッツとしてマーチンさんやゴスペラーズが出演しており、楽屋で記念撮影をしようとしていたのを、フミヤさんが羨ましそうに眺めていたところ、マーチンさんに「フミヤ、お前も入れ」と言われ、「これで『ゴスペラッカーズ』だな。」と。でもフミヤさん曰く「3つ重ねるとおいしくないような気がするんだよね。カツカレーはおいしいけど、カツカレーグラタンとかまずそうじゃない?」だそうです。(そんなことないと思うのでぜひやっていただきたいのですが。)ここで「ランナウェイ」を歌い始めるフミヤさん。

フミヤ:ランナウェイ~(ランナウェイ♪)とても好きさ~

フミヤ&客席:ランナウェッエ~イ♪

フミヤ:連れて~(ランナウェイ♪)行ってあげるよ~

フミヤ&客席:Wow Wow Wow…

フミヤ:今、手振り付きで「Wow Wow Wow…」ってやった人、きっと同世代です。聖子ちゃんカットやったことあるでしょ?あと…なめねことか持ってたでしょ?俺、昔原チャリ転がしてた時に警察官に止められて、あの免許書出したらめっちゃ怒られたころあるもん(笑)

で、改めまして、本日のフミヤさんとのセッションのお相手はゴスペラーズ!5人とも夏イベント用の黄色(フミヤさん曰く、風水的に縁起のよさそうな色(金運UP?))の3ピースで、中のシャツはたぶん紫でした。曲はなんとアカペラで「Twist & Shout」!歌う前の音取りの声が蚊の舞う音のようで、蚊を叩くふりをするフミヤさん。村上さんが「蚊の音じゃありませんよ!」と言い放つと、それに便乗して蚊を叩くまねを始めるゴスメンバー(笑)「ゴスペラーズまで便乗してどうするの!!」と酒井さんが一括したところで、ようやくスタート。リードはフミヤさんと安岡さん。フミヤさん、本当に楽しそうでした。

続きまして、アルバム「F's KITCHEN」に収録されている、ゴスペラーズが作詞・作曲・コーラスを担当した「RAILROAD」を。レコーディングはしたものの、なかなか人前で披露する機会がなかったということです。

この曲が終わると、フミヤさんは退場、そのままゴスペラーズのステージへと突入します。

 

♪ゴスペラーズ

藤井フミヤさんが去ったステージにそのまま残ったゴスペラーズ。再びステージに照明が当たると前列に村上さん、黒沢さん、後列に酒井さん、安岡さん、北山さんがマイクスタンドの前に立っていました。そして始まったのは「告白」!!実は私、このヴァージョンの「告白」を聞くのは初めてなので、終始興奮しておりました。村上さんの歌う後ろで細かいステップを踏む4人が非常に良かったです(笑)こんなオルゴールがあったらいいのにな~と密かに考えてしまいました(笑)

マイクスタンドを横一列にし、ステージ向かって左側から村安黒北酒の順に並ぶと「I'll Make Love To You」へ。これ、最終日オンリーだったんですね!!この前奏を聞いた瞬間…「脱いでくれるの?」とゴスマニアの注目は北山さんに集中したに違いありません(笑)

もちろん、やってくれました。

北山さんが歌いながらジャケットを脱ぎ棄てシャツのボタンに手をかけると会場から黄色い歓声が沸き起こりました。

続いてマイクスタンドからマイクを外して「Slow Luv」を熱唱。サカイスト悶絶です。セルゲイライヴで聞いた時と同じ、間奏が入るヴァージョンでした。

ここでMCへ。まず、一人一人の自己紹介が終わると、村上さんが客席を眺めながら一言。

「どうぞ。トイレに行ってきてもいいですよ。その間、僕たちしゃべり続けますから。」

この発言に「新手のサービスだな!!」と酒井さんに突っ込まれます。SOUL POWERは4時間を超える長丁場。しかもゲストが超豪華!ということでトイレを我慢してしまうお客さんもいるようなのです。北山さんも「僕だったら(途中でトイレに)行きます」と、トイレは我慢しないようにと客席に促します。

ここからは過去のSOUL POWERで生まれた豪華なユニットを振り返ることに。

村上:まずは第1回目のゴスペラッツですね。

村上さんと酒井さんが誇らしげにポーズをとります。

安岡:羨ましかったよ。俺も入りたかった!!

村上:安岡、ごめん。ゴスペラッツは身長制限ユニットだから。

この言葉に安岡さん、悔しそうに黒沢さんのところへ駆け寄り…

安岡:マーチンさんに直訴してやるっ!!!

酒井:まあまあ…相撲の新弟子検査じゃないんだから(苦笑)

村上:そして2回目は、特に制限なしユニット、エナメルブラザーズ!!

黒沢さん、かっこよくポーズ!(笑)

村上:髪型が似てるユニット、武田と哲也!!

安岡:そういう制限だったんですか!?

村上:今日は分け目も一緒だぞ。で、前回は音域制限ユニット、THE BASSMANS!!

北山さんが客席に向かって深々と礼。

村上:そして今回は…THE☆FUNKS!!

ここで安岡さん、誇らしげにポーズ!

村上:あの銀色の衣装、暑かっただろ~!

安岡:あれね~暑い………らしいよ。

村上:あの汗はダイヤモンドなんだよな。

安岡:…………らしいよ。あの~これ以上やると僕が苦しくなるんで、やめてもらいませんか(苦笑)

そしてここからは、次の曲のセッションのお話。いつも酒は一緒に飲むのに、一緒に歌うことがあまりなかったという、メロウでエロウな(by村上さん)SOSのTAKEさんの紹介!まずは先ほどのSOSのステージのお話。TAKEさん、先ほどの「ソウル・リヴァイヴァー」か何かの曲(記憶曖昧)のラストでは「You!You!」と言いながら客席中を指差し、まるで本編ラストのような盛り上がりっぷり。これを楽屋のモニターで見ていた5人はずっとこのTAKEさんのマネをしていたそうです。その後も、どスローな「Nice'n slow」を振り返り、「♪ゆっ…うべ…のかっ…おり…っがのこ……る…」と曲の冒頭部分を村上さんが異常なほどのスローテンポで真似したり。

ここで村上さんの紹介とともにTAKEさんが「うぅいぇい♪」と歌いながら登場。これに応えてゴスメンバーも「うぅいぇい♪」「うぅ~いぇい♪」。まるで「うぅいぇい♪」が挨拶のようにステージ上に響き渡ります(笑)

ゴスペラーズとTAKEさんのセッションは、アル・グリーンの「Let's Stay Together」。こちらもスローテンポで村上さんとTAKEさんのソウルフルな歌声が響きわたりました。

歌い終わるとTAKEさんは客席とエア・ハイタッチして舞台袖へ。そして新曲「ラヴ・ノーツ」!!「声にならないほど君が好きだから…」のフレーズが印象的でした。“うっとり”というより、“ほっこり”する温かいバラードでした。歌い終わると「『ラヴ・ノーツ』みんな、買ってねheart04」と黒沢さんが片手を挙げ、片足を蹴りあげたポーズ付きで四方にアピール。黒ぽん…か…かわいい…!!その後も村上さんが話している間に首をカクカクと左右に振ったりしていて、酒井さんに怒られてました(笑)

続いて、「武道館でどうしても歌わなければならない曲があります…」と村上さんが歌い始めたのは、今年5月に亡くなられた、忌野清志郎さんの「スローバラード」。村上さんの魂がこもった1曲でございました。私も思わず泣きました。

再びマイクスタンドが1列に並ぶと、最後は「1,2,3 for 5」!!観客総立ち!!間奏での北山さんのターンでは再び大歓声!!会場の雰囲気が再びアッゲアゲupupになったところでゴスペラーズは退場いたしました。

 

♪鈴木雅之

「Still Gold」「さよならいとしのBaby Blues」で登場したマーチンさん。「改めまして私が、ラヴソングの帝王、鈴木雅之です!!」と挨拶したものの、SOUL POWER最終日ということで、これまでに出演したアーティストも前日の公演よりも喋りまくり。お昼過ぎに会場入りしたにもかかわらず、出番が遅くなったマーチンさん。このままでは気が済まないらしく、こちらもMC長めに(笑)まずは自己紹介からやり直し。

鈴木:改めまして私が…ラヴソングの帝王!

客席:帝王!

鈴木:帝王!

客席:帝王!

鈴木:王様!

客席:王様!

鈴木:王様!

客席:王様!

鈴木:King!

客席:King!

鈴木:King!

客席:King!

鈴木:……フフ……今、「殿様」って言ったらスベるなぁと思って(笑)

ここから、今までいろいろなアーティストの曲を歌わせてもらってきました、という言葉とともに歌い始めたのは…

♪赤いキャンディー包んでくれたのは 古いNewspaper…

柳ジョージ氏の名曲「青い瞳のステラ」です。あの、母が「葬式で流してくれ」とまで言った大好きな曲です。ここで今年のSOUL POWERのスペシャルゲスト、King of Blues、柳ジョージ氏の登場!!母と二人でこの曲聴きながら泣きました(笑)ハスキーヴォイスが素敵です。

そして、マーチンさんのニューアルバム収録曲で、柳ジョージ氏が提供した楽曲「ジョアンナ」を、“柳ジョージをギタリストとして従えて”という超贅沢なシチュエーションで披露。そして、バンドメンバーの紹介を経て、(桑野信義さんもいましたよ!)こちらも柳ジョージ氏の名曲「雨に泣いてる」を。ここで柳ジョージ氏は一旦退場。バンドメンバーの紹介の後に、同じくニューアルバム収録曲の「愛してるのに」を披露し、次はついに、あの2人が登場します…!!

 

♪Da Bubble Gum Brothers

「Daddy's Party Night(懲りないオヤジの応援歌)」で威勢よく登場したバブルガム・ブラザーズのお二人。Bro.KONEさんは白のスーツでカッチリ決めているのに、Bro.TOMさんは7分丈くらいのデニムのパンツに、黄色いシャツの上に燕尾服、頭の上には羽飾りがついていました(笑)ついでに、この曲の手振りが大好きです!!某動画配信サイトにてPVも見ることができますので、ぜひ!!

この後は…

Bro.TOM:僕は元気ですか!?

客席:Yeah!!

などと意味不明なコール&レスポンスで会場は大爆笑。そして、「私たちがフミヤや、マーチンやゴスよりも後に出て、すみませんでした!!」と会場に謝ったところで(笑)、「僕らもメンバー紹介をやりたい」とおもむろにポケットから紙を取り出し、読み上げるBro.TOMさん。

Bro.TOM:××区出身、○○△△(名前)、30歳!!…お前、30にもなってバイトか!!頑張れよ!!

なんとそれは、アリーナ最前列とステージの間に常にスタンバっている、黒服のスタッフの皆様のお名前でした。一人ひとり、スポットライトを浴びながらの紹介でございました。(笑)

続いて、次の曲の紹介。しかし、Bro.TOMさん曰く「ここにいるみんなが知ってる僕らの曲って20年で1曲しかないわけだから、次の新曲知ってる人なんて誰もいない。振付で盛り上がるくらいしかできない」ということで、ここで突如、振付のレッスンに。

Bro.TOM:昨日のお客さんは完璧だったから、ちゃんとやってよ。じゃあ、僕がこう(会場に向かって手をプッシュ)したら、「え~ほんと?ほんと?まじで?うっそぉ~!?」って言ってください。

…なんて言われても出来るはずないわけでして。本当はウェーブでした。試しにやってみると、なんだかノリがいま一つ…sweat02Bro.TOMさんも、「今のウェーブじゃ、洗濯物を取り込む時のお母さんみたいだ」と。ということで、アリーナは歓声を上げながらウェーブ、1、2階席はどこまでウェーブが行っているか分かりづらいので、アリーナがウェーブをやっている間、1階席は手を振りながら「キラキラキラキラキラキラ…shine」2階席は「ベロベロベロベロベロベロ…」(笑)と言い続けろとのことでした。アリーナ前方からのウェーブ、そして後方からのウェーブが成功したところで次の段階へ。

Bro.TOM:それでは次は横から。横って分かりますか?(空中に文字を書きながら)「よこ」ですよ、「よ」「こ」!!……今、「よこ」って言いながら「う●こ」って書きました(笑)

この日のBro.TOMさんはほんとうに絶好調(舌好調?)だったようで、「俺、今日結構ナチュラル!」という発言も。Bro.KONEさんによると、こんな調子のいいBro.TOMさんを見れるのは貴重なことなのだそうです。

さて、前後左右のウェーブが無事終了したところで、次の曲の紹介。間もなくリリースされる新曲のようなのですが、Bro.KONEさんが歌詞を覚えていないという…(「だってここで歌うなんて思ってなかったんだもん!」とKONEさん。)ということで、助っ人を連れてくる!とBro.TOMさんが舞台袖から半ば強制的に連れてきたのは長髪の舞台監督(男性)!!いやいや、この人ではなくて…本当の助っ人は昨年もSOUL POWERに出演していたMetisさん!Bro.TOMさん曰く、「さっきの人と似てたから(間違えたことを)気がつかなかった」と。(いや、実際は全然似てませんよ。)そしてやっと(笑)2曲目の「Mornin'」へ。

そして最後はもちろん“20年やってて唯一みんなが知っている曲”で、「紅白のとき、歌う出番がなくて後ろで踊ってるだけだったのがどれだけ無念だったことか…」とBro.TOMさんが愚痴っていた(笑)「Won't Be Long」!!途中からゴスペラーズ、マーチンさん、TAKEさんなどもステージへ。(そういえば、この時に佐藤善雄さんもいらっしゃったような…)大盛り上がりのなか、本編が終了します。(ちなみにゴスは衣装チェンジして、白の衣装に中は黒のシャツでした。)

 

♪アンコール

じゃじゃじゃじゃじゃ~~~~~~~ん。の音とともに開始したアンコール。あれ、去年と同じパターンか?と思えば、花柄のシャツを着た村上さんが

「おかぁさ~~~~~~~~~ん!!!!」

という奇声とともに登場(笑)ここからしばらく、村上さんの奇声(「ゲロッパ!!」ってやつです。)にひたすらついていくコール&レスポンス。客席も負けじと奇声を返していたからか、村上さんも「…すげぇ(笑)」

と、ここでお母さんこと、TAKEさん登場。大体こんなやり取りが…

哲也:母ちゃん、結局、JBって誰なの?

武田:なんや、お前。そんな高島屋の包装紙みたいな服着て。お前、そんなに父ちゃんが恋しいんか?

哲也:母ちゃん、みんな知りたがってるよ!4年間も引っ張っておいてオチが無いとか…

武田:哲也、もうその話はな、時間切れや。

そしてそのままJBの「Sex Machine」へ!そして哲也を引き寄せ、母ちゃんは言いました。

武田:JBはな、あのミラーボールみたいに光る、お星様になったんや。それにな、今はJBより、“あれ”や。

すると客席から「MJ!!」の声が。

哲也:…三浦ジョー…?

そして、「Thriller」のイントロが…!!ここから、出演者全員によるマイケル・ジャクソンメドレーがスタート!!

「Rock with You」はTAKEさんが、「Black Or White」は北山さんが歌っていました!続きましてJackson5時代のメドレー!「I Want You Back」では、Metisさんが歌う後ろで、酒井さん、フミヤさん、Bro.KONEさん、マーチンさん、佐藤善雄さんがそろってダンスしてました!そして「ABC」から「I'll Be There」へ。「♪La la la.....」と客席も巻き込んで熱唱。次に聞こえてきたのは「Billie Jean」のイントロ。「Billie Jean」と言えば、ムーンウォーク!!ダンス☆マンが挑戦するも失敗(苦笑)Bro.KONEさんは華麗なムーンウォークを披露してくださいました!さらに「Thriller」では全員でゾンビ踊り。「Beat It」でもダンス!!メドレーのラストを飾るのは「Bad」!武田と哲也、THE☆FUNKS、酒井さんと桑野さん…と2人ずつ歌い継いでゆき、最後は出演者全員で。

「Who's Bad!」「King Of Pop!」「Michael Jackson!!」のコール&レスポンスでメドレーが終了、改めてバンドメンバーと出演者全員の紹介が行われ(でもBro.TOMさんが行方不明)、舞台は幕を下ろしました…

 

と、思ったら!

 

舞台下手に密かに置かれていた棺桶サイズの黒い箱。その蓋が徐々に開き、「♪じゃじゃ~!じゃ~ん!じゃ~ん!じゃ~~~~ん!!(「Thriller」のイントロ)」という声とともにキラキラと輝く手袋が!!ななななんと!!Bro.TOMさんが登場!!

「忘れてはならない、もう1人の出演者を紹介します。

Michael Jackson!!

この言葉とともにSOUL POWERは終演したのでした。

 

 

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆

さて、長々と書いてまいりましたが、今年のSOUL POWER、本当に本当に楽しかったです。バブルガム・ブラザーズをリアルタイムで知らない私、恥ずかしながら、ブラザートムさんがそのバブルガム・ブラザーズの一員だと知ったのも数年前のことでした。(タレントかと思っていた…)でも、初めて生バブルガム・ブラザーズを見て…ハマりました。

今年のSOUL POWERを素敵なものにしてくださったアーティストの皆様、ありがとうございました!!来年はSOUL POWERも5周年。きっと今年以上に盛り上がることでしょう。来年も期待してますよ!

ソウルって素晴らしい!!

« ソウルの祭典終演 | トップページ | 20年分の「ありがとう」を込めて »

コメント

こんにちは、こしずちゃん。
もう一週間が経っているんですね。遅ればせながらレポを拝見させて頂きました。いい曲だったなぁとか楽しそうだなとか回想しています。
「Key of Love」は初聴きだったんだけど私も素敵だっと思いました。二枚組CDを買おうかと考え中です。
[I'll Make Love To Yo]の時に、もしGOSPELLERSが3ピースの衣装ではなっかたらボタンはもっと開いたのではないかとか…と思ったのは私だけでしょうか(笑)ムーンウォークを披露する時に、酒井さんが誰よりも早くズボンの裾をまくろうとしていたりとか細かいよね。

そして、開演前にこしずちゃんにお会いできるとは思わなかったので嬉しかったです。ありがとうね。

次回、節目のSOULPOWERはどんな祭典になるのか楽しみですね。
それではまたGOSPELLERSのいる会場で。

杉山さん>>こんばんは!コメント、ありがとうございます!
そうですね~気がついたらもう1週間経ってしまいましたね!なんだか昨日のことのような、何カ月も前のような…不思議な感覚です。
SOUL POWERでの酒井さん、なんだかいつも以上にはじけてて、本当に楽しそうでしたねlovely
でも確かに、「I'll Make Love To You」では、衣装が3ピースであることをあんなに歯がゆく思ったことはありませんでした…smile

私も開演前に杉山さんにお会いできて嬉しかったです!!
またライヴ会場でお会いしましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソウルの祭典終演 | トップページ | 20年分の「ありがとう」を込めて »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

連絡掲示板

無料ブログはココログ